2014年3月の投稿


ほんまに中古マンションが良いの?

照れるイナっち「はぁ~事前審査やっぱり通らなかったねぇ。。」

 

イーナリンク代表 林「本当にイナっちさんには驚かされることばかりです。」

 

照れるイナっち「社長、これから頑張って、私キャッシュで買う!
それか結婚する!」

 

イーナリンク代表 林「は・・・はぁ・・頑張ってくださいね。」

 

「really?!」なイナっち「なに!社長!買えない客になった途端その態度!?」

 

イーナリンク代表 林「いや、そういう訳じゃないですけど
それでも物件探すってすごいもうマニアっていうか、なんていうか。笑」

 

「へぇ~」なイナっち「いいじゃん~!これからも頼むね!
ってかさ、社長やっぱりいつも中古マンション押してくるけど
本当に新築マンションより中古マンションの方が良いの?

 

イーナリンク代表 林「難しい質問ですね。」

 

「へぇ~」なイナっち「どうなの!ぶっちゃけ!」

 

イーナリンク代表 林「結論からいうと

大阪に住む多くの方にとって
私は中古マンションの方が”お得”だと考えています」

 

「へぇ~」なイナっち「ほぅ!なんで?」

 

イーナリンク代表 林「私は、不動産業者ですが
良いマンションに住んでもらうよりも

良い生活を送ってもらうことの方を重要視してるので
お金が十分に山ほどある人は、新築の高層マンションや
吹田の一戸建てに住んだ方が良いかもしれませんが
皆さん、やはり限定された資金の中で、住まいを探されているわけですよね。

 

そうなってくると、私はあまり住宅ローンにお金をかけすぎずに
キャッシュにゆとりのある良い生活をおくってもらいたいと考えてるんですよ。

そうなってくると、自然と中古マンションという選択になってきましたね。
ある程度の部屋の雰囲気は最近のリフォームのクオリティなら実現できますし。」

 

「へぇ~」なイナっち「ほぉ~!なるほど。
なんで良い生活=中古マンションになるの?」

 

イーナリンク代表 林何より、中古マンションは安いんですよ。
これは何を基準に安いのか、という話なんですが
立地に対して、安い、という事なんです。

立地は、あとからどう頑張っても変えられないんです。
ちょっと背伸びして不便な所に新築マンションのピカピカの家に住むよりは
ちょっとボロくても駅前の好立地に住む方がずっと良いと思う。

で、私にとって安いという事は、生活のクオリティを上げることだと思ってるんですね。
その分自由に使えるお金が増えるということなので

デートも1回が2回行けるし
旅行も1回が2回になるかも知れない。
けど、部屋の壁や床ぐらいは好きな色にしたら良いじゃない?という」

 

「へぇ~」なイナっち「けど、新築のキレイさって本当に魅力ですよね。

 

イーナリンク代表 林「その通りです。多くの人が新築の外見に魅力を感じてテンションを上げて
立地よりも、建物そのものを優先して考えてしまう。
けど、資産形成的な面でも私は中古の方が良いと思う。

 

「へぇ~」なイナっち「資産形成?」

 

イーナリンク代表 林中古マンションはある程度値下がりしきってるので
例えば1000万円で買ったら、立地が良ければ
売る時には良いケースだと下がっても700万円とか800万円で売れる。

けど、新築だと3500万円で買ったのが、2000万円とか
そういうのはザラなんですよね。
やっぱり、広告費等余剰にかかってるので
値下がり幅は大きくなりがちなんです。

 

リラックスするイナっち「なるほど・・!」

 

イーナリンク代表 林「けど、新築はやっぱり新築の良さがあります
私がもし億万長者で年収3000万円あって、ってなると
新築のタワーマンションに住むかもしれません。笑」

 

感激するイナっち「えー!なんでやねん!!」

 

イーナリンク代表 林「けど、やっぱみなさん年収数百万の中で
やりくりされている。
そうなると、新築よりも中古の方が
総合的にお得かな、って私は思いますね。」

 

興奮するイナっち「う~ん!今日の社長の話は勉強になった!!」

 

イーナリンク代表 林「今日だけかいな!!!」

 

一度聞いといて損はない?

真面目な社長の本気の相談は!?こちらから


ローン組める!?組めない!?事前審査のすすめ

イーナリンク代表 林「さぁ、それでは事前審査をしましょうか。」

 

「へぇ~」なイナっち「え?事前審査ってなに?」

 

イーナリンク代表 林「え!私言いませんでしたっけ!
それでよく物件決めましたね・・笑

事前審査っていうのは簡単に言うと
あなたにローンを組んでもらっても大丈夫かどうかの
組む前のチェックのようなものですね!

それが通れば、本審査という事で、ローンを組めます。」

 

「really?!」なイナっち「なるほど!じゃあもしそれが通らなかったら・・・;;」

 

イーナリンク代表 林「まぁ、そうですね・・・事前審査が通らなかったら
また考えなくてはいけないですね。」

 

汗をかくイナっち「えー!」

 

イーナリンク代表 林「あら、落ち込んじゃいました?
僕の経験上最も重要視されるのは勤務先と勤続年数ですかね。

あとは、頭金をどのぐらい用意するかによって審査の通る・通らないは
また、変わってきますね。」

 

照れるイナっち「ほぉー!なるほど!
じゃあ、もしかしたら大丈夫かも・・
頭金は半分お母さん出してくれるって言ってたし!

生まれてから一度もお年玉もらったことなくて
不思議だな!って思ってたら、貯めてたみたい!!」

 

イーナリンク代表 林「それは計画的な素敵なお母様ですね。
おそらく、大丈夫だと思いますが
まずは、ここからですね。」

 

「へぇ~」なイナっち「何が必要なんですか?」

 

イーナリンク代表 林「意外と少ないですよ。
まず

①身分証明証
・運転免許証
・パスポート

②収入を証明するもの
・源泉徴収票

③勤続年数を確認できるもの
・健康保険証

④その他のローンの存在を表すもの

ですね。」

 

笑顔のイナっち「ほぅ、それをまとめて持ってきたら良いんですね!
じゃあ、明日持ってきます!」

 

イーナリンク代表 林「はい、宜しくお願いしますね。
それにしてもイナっちさんがやっと良い物件に巡り合えてよかったです。」

 

「へぇ~」なイナっち「あ、ずっと払っていないクレジットの未払いと
携帯も止まってるけど大丈夫かな?」

 

イーナリンク代表 林「あかんがな!」

 

事前審査が通るかな?

ローンの不安のある方もまずはご相談!

ご相談や資料請求はこちらから

 

 


価格交渉の心得

興奮するイナっち社長!ついに!ついに!
これかも!という物件が決まりましたよ!!

 

イーナリンク代表 林「お!イナっちさん!
前進ですね!どの物件ですか!?」

 

興奮するイナっち「この谷町4丁目の物件ですよー!
もうこれっきゃないですよー!」

 

イーナリンク代表 林「なるほど~!良い選択だと思いますよ!
リフォームもしやすそうですしね!」

 

照れるイナっち「そうなんですよー
リフォーム代金がかかるんで
200万円引きぐらいかな~?

社長じゃあ、それ以上の値段じゃ無理という事でよろしく!!」

 

イーナリンク代表 林「ええええー!!!!」

 

「へぇ~」なイナっち「え、社長どうしたんですか?」

 

イーナリンク代表 林「いやいや、イナっちさん。
もちろん、値段交渉の努力はしますけど
売主さんも人間ですから!!

ちゃんとした値段交渉しないと、売ってもらえないなんてこともありますよ?

 

汗をかくイナっち「え!この前知恵袋で聞いたら、値切りしまくれって聞いたのに・・」

 

イーナリンク代表 林「ネットの情報だけでよくそこまで大胆に行動できますね・・
もちろん、人情的に早く売ってしまいたい気持ちは
どの売主さんもあるでしょうけど

安易な値切り交渉は、また物件探しをふりだしに戻しちゃいますよ?

 

「really?!」なイナっち「ええ~~!!じゃあ1円も値切れないの?!」

 

イーナリンク代表 林「いや、そんなことは無いですよ。

ある程度価格交渉を想定して値段を決めていらっしゃる売主さんもあるので
当然交渉はするんですけど

もうちょっと慎重に、いくらになったら確実に買うのか?

また、イナっちさんが本当に買うことが出来る人なのか

買う意欲が本当にあるのか

を、僕は売主さんにちゃんと伝えられないと
ちゃんと取り合ってもらえない可能性もあるし
もう少し良い条件で買付が入ったら、すぐそっちと話しつけちゃうって事もあります。

 

特に、この物件はまぁまぁ人気立地ですからね・・」

 

「really?!」なイナっち「そういう事は早く言ってくださいよ!!!!」

 

イーナリンク代表 林「えー!!
とはいえ、売りたい側も出来れば早く売りたいわけですから
きちんと、じゃあ、ここでというライン決めをしなくてはいけないわけです。

本当にこの物件で進めるならまず買付を入れて
事前審査をして、そこから価格の調整の本格的に入っていきます。

この買付を入れるというのも実は法的拘束力はないので
本当に物件をおさえた事にはならないんです。

なので、価格交渉というのは、誠意をもってちゃんと買う意思を示して
必要ならば着手金を入れて、
それに足る材料を揃えて行わなくてはならないんですよ。」

 

リラックスするイナっち「社長って不動産のこと
ちゃんと解ってたんですね~!!!」

 

イーナリンク代表 林「失礼な言い方ですね!
じゃあ、この物件をきちんとイナっちさんの手元に
届けられるよう頑張りますよ!」

 

笑顔のイナっち「はーい!
社長ありがとう~!」

 

見てみたい物件がもう少し安くなるかも!?

ご相談や資料請求はこちらから


不動産会社は何件回ればいい??

イーナリンクの林社長と物件探し始めて半年のイナっち

なんと、今日は違う不動産会社に行く事を決意したのでした。

 

照れるイナっち「まじ、林社長ちゃんと探してくれてるのか解らんし
今日は、梅田の○○不動産に行ってみよう。」

 

○○不動産スタッフ「イナっちさんの条件だと該当するのは・・
これとこれと・・ですね。」

 

汗をかくイナっち「(!?ぜ・・全部みたことある・・)」

 

笑顔のイナっち「(あ!この物件は見た事ないぞ!)
すみません、この物件ちょっと見てみたいんですけど。」

 

○○不動産スタッフ「はい、良いですよ。
予算がちょっと500万円程はみ出ちゃいますが・・・」

 

汗をかくイナっち「(それ条件と違うやん!!!)」

 

・・・後日

 

興奮するイナっち「林しゃっちょう~!
今日も新着物件の案内お願いしますよ~★」

 

イーナリンク代表 林「はい、宜しくお願いします。

あ、イナっちさんこの前梅田の○○不動産さんに行かれてましたよね。
入っていかれるところをたまたまお見かけしましたよ。」

 

「really?!」なイナっち「!?い・・いや、別にまぁふらっと立ち寄っただけで!?!?
そんな!!浮気したわけじゃ!!」

 

イーナリンク代表 林「いや、そんなに慌てなくても・・・

皆様、通常不動産業者は2社~3社くらいは回って比較されるのは
想定していますので、何も思わないですよ

 

リラックスするイナっち「で、ですよね~★
いや、やっぱり林社長の信頼性?威厳?迫力?には
どの営業マンも勝てなかったですよ~」

 

イーナリンク代表 林見た事ある物件ばっかりだったんでしょ?

 

汗をかくイナっち「ぎ・・ぎくぅー!!!」

 

イーナリンク代表 林「だから、ちゃんと考えて、全部惜しみなく案内してるって
言ってるじゃないですか。

イナっちさんは、隠し物件出せ~とか、
もうわかんねぇ~って荒れたり。

本当困った人ですねぇ。」

 

汗をかくイナっち「す・・すみません!!
けど、もうあまりに長引いてきたので・・すみません!」

 

イーナリンク代表 林「私の責任もあるかも知れませんね

けど、もし他社さんで
この人にお願いしたい!と思う営業さんが居たら
その方に是非、仲介してもらって下さいね。」

 

感激するイナっち「ええ!社長はけど
他の会社で仲介されちゃったら、困るんじゃないんですか?」

 

イーナリンク代表 林「もちろん、私はイナっちさんと物件とのご縁を繋ぐことが
出来なかったということで売上は立ちませんね。」

 

「へぇ~」なイナっち「それでもなんでそうやって言うんですか?」

 

イーナリンク代表 林「私の営業魂ですね!!!

 

感激するイナっち「え、営業魂!?!?!?

 

イーナリンク代表 林「イナっちさん、結局不動産は人と人とのご縁の商売なんですよ。

だから、どこの業者が一番良い、とか
どこが一番情報持ってる、とか

そういう比べ方ってまず出来ないと思っているんです。

けど、唯一選べるとしたら
目の前の営業さんの人柄、姿勢、相性。

そして、この営業さんに仲介してもらいたい!
という方との出会いというのは、僕は大切にして欲しいな、って思うんですよ。

なので、イナっちさんが僕に対してそうやって感じてくれたら嬉しいし
○○不動産でも★★不動産でも、そういう方との出会いがあれば
是非、進めてほしいなって思うんです。」

 

感激するイナっち「し、しゃちょう~~~!!!
私はやっぱり社長やなきゃあかんわ~!」

 

イーナリンク代表 林「けど、イナっちさん
○○不動産って大手だから行ってみたんでしょ。」

 

汗をかくイナっち「ぎ・・ぎくぅー!!!」

 

イーナリンク代表 林「ちょっと根に持ちます。」

 

汗をかくイナっち「器ちっさ!!」

 

小さいけど親切・誠実!

そんな社長へのご相談や資料請求はこちらから


不動産業者が切り札で持ってる”隠し物件”

興奮するイナっち「しゃちょう~~♪」

 

イーナリンク代表 林「イナっちさん、今日はご機嫌ですね。
どうしましたか?」

 

興奮するイナっち「いや~~本当に
社長には今まで散々大阪の物件案内してもらいまして
本当に感謝してるんですけどね~
決めきらなくてね~

 

・・・ね?本当はあるんでしょ?」

 

イーナリンク代表 林「はい?」

 

興奮するイナっち「またまた~♪

ほら、ほら、いわゆる

 

隠し物件?

もうずっと探してもらって、半年くらい?

梅田のカフェで待ち合わせること、10回以上?

もうこの仲ですし、出してくださいよ~♪

隠し物件★

 

 

 

イーナリンク代表 林「・・・・何を言うとんねん!!!

 

汗をかくイナっち「が・・がびーん!!」

 

イーナリンク代表 林「はははは
まぁ、今のは冗談ですけど。

そんな漫画みたいな隠し物件みたいなものは
無いですよ。はははは」

 

汗をかくイナっち「(目が笑っていない・・・!)」

 

イーナリンク代表 林「まぁ、イナっちさん何か誤解しているみたいなので
念のためちゃんとお話しておくと

良いと言われる物件をお客様に隠しておくメリットって
不動産業者にはほとんど無いんですよ。」

 

汗をかくイナっち「え!そうなんですか!」

 

イーナリンク代表 林「僕たちは、根っからの営業マンなので
当然”売れる”事が1番のメリットなんですよね

売れなきゃ、困るんです。

僕たちは、お客様に頂戴する”仲介手数料”でご飯食べてるんです。

だから、売ってほしいというお客様にも、買ってほしいというお客様にも
より、お客様にとって良い物件をより、スピーディーに提案していますよ。
少なくとも僕は。」

 

「へぇ~」なイナっち「そうだったんですね・・ごめんなさい><;」

イーナリンク代表 林「いえ、お気持ちは解りますよ。

やっぱり、一生に1回、高額のお買い物

見るたびに、もっと良いものがあるだろうあるだろう・・・となるのも理解できます。

けど、もちろん”売る”事が仕事の不動産業界の私たちですが
上手に”ガイドする”というのもお仕事です。

 

「へぇ~」なイナっち「もう、本当に物件を選べなくなってきたんや・・」

 

イーナリンク代表 林「そうですよね。だから、私は
事前のヒアリング を最も重要視しています。

このお客様にとって重要な事はなんだろう、と一所懸命お話を聞きます。

この物件見たいんですけど、という反響でも
OKです、お見せします、けどまぁまずお話聞かせてください。
と、お話をお伺いするようにします。

それが、結果的な時間短縮や、満足いく物件選びにつながるんですよ。

 

私はお客様が決めきれなくなっていくのは
一部不動産業者にも責任があると思っています。

 

「へぇ~」なイナっち「ううう、社長がそんなに頑張ってやってるのに
そんなこともつゆ知らず・・・

ほんますみませんでした!!!」

 

イーナリンク代表 林「いえいえ
不安があるのは前提なので
気持ちはよく解りますよ。

 

さておき、イナっちさん物件は絞れてきましたか?
候補はどれぐらいになりました?」

 

笑顔のイナっち15件!

 

イーナリンク代表 林「増えとるやないかぃ!!
私のせいか~!?!?泣」

 

 

迷いすぎて大変なあなたは

もう一度、カウンセリングから!?

ご相談や資料請求はこちらから



1 / 212