2020年1月の投稿

2020年、年始のご挨拶。

皆様、明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2020年、令和2年がついに幕を開けましたね。

 

2020年日本はどうなっていくのでしょうか?

経営者として気になるところです。

孫さんや柳井さんは「日本は終わった」みたいなことを

言われますが、終わったというより

戦後復興、ものづくり日本で製造業が盛り上がり

一瞬良くなっただけで、

元に戻っていく感じでしょうか、

つまり、耕して種をまき

育てて、刈ることしか出来なかった

でもそれが得意な農耕民族が

要するに調子に乗っていただけ、

元に戻っていくだけ、

そんな風に思います。

 

これからは産業革命よりも大きな変化が

起きると思うし、クリエイティブな

サービスや革新的商品を作れる思考や体質がない

国はどんどん衰退していくと思うし

日本は決してクリエイティブな思考や体質では

ないと思います。

 

いちばんの問題は日本の宝である

国立大学や関西でいうと関関同立みたいな

頭のいい学生が

”安定”

を求め本当にやりたいことを求め探さず

もちろん大志を抱き公務員になる学生は別ですが

一見安定しているように見える、

公務員に目指してしまうことではないでしょうか?

 

本気でやれば仕事ってメッチャ楽しいのに

悲しいかな、日本全体の虚無感

いわゆる夢のない状態です。

 

けど反対に言うと、日本人は真面目で

創意工夫、改善をどこの国よりも

実直にできるというか発想力はないが

改善力があるし、日本の新の魅力は

”文化”だと思います。

まあそんなことはさて置き、

 

日本や世界がどうなろうと

イーナリンクは社会の器として

成長を続けることから目を背けてはいけません。

 

2019年は大きな挑戦として

新卒採用に取り組みました。

就職戦線の終わりの終わり、

12月の合同説明会から

参加したのですが、我々なりに

考えた戦略で挑み、

合同説明会参加企業で名のある参加企業があるなかで

数多くのエントリーを頂き

会社説明会にも参加してもらいました。

 

希望や不安を頂きながらがんばる

学生を目の前にすると本当に

社会人として意識が変わります。

 

このうち最終エントリーで

何人の方を迎え入れることができるか

分かりませんが向かい入れて一緒に成長し

絶対に成功させたいと思います。

 

話は変わり、ドラマの話ですが

「ノーサイドゲーム」

もかなり良かったですが

「グランメゾン東京」

良かったですね!

 

 

自分のオトンの時代が

「あの夕日に向かって走れ!」

森田健作だったように

※しらんけど。

 

僕たちの時代は

「キムタク」

一色です。

特に好きなのは

  • 若者たちのすべて
  • ロングバケーション
  • ラブジェネレーション
  • プライド
  • 華麗なる一族

例外なくキムタク好きの私としては

スマップ解散騒動以降のキムタクは

なにか、自信を無くしたというか

精彩を欠く感じがしていました。

もう、終わってしまったのかと…。

 

でも!

 

グランメゾン東京で

帰ってきました!

キムタク兄さんが!

なんかドラマも良かったですが

人が自信を無くしたり

挫折して戻ってくる復活劇、逆転劇

ロッキーみたいな展開が好きなんですよね…。

 

「グランメゾン東京」の内容もまさにそうでした。

一度は栄光を得て、失脚し挫折したシェフ。

けど諦められずジタバタする。

でもプライドとか経験のせいで

変わることが出来ず悪循環。

 

でも絶対諦められない夢をもって

きっかけを常に探し

神様が些細なきっかけをくれて

しっかりと受け取り繋ぎとめる。

 

その復活、逆転劇の鍵は

私なりの解釈ですが

勘違いしてた時、

いちばん普遍的だと思っていた価値観に

少しの変化もしくは180度違う変化。

その変化を自分で認知して

認めたくないけど、認めること。

気づくこと。行動すること。

 

そしてやはり、信じあえる仲間の存在。

これをドラマやんって終わらすのではなく

自分の人生もドラマにしたいな

そんな風に思いました。

 

手始めに、この約10年

ずっと同じ美容院で

いつも同じ席に座って

ずっと同じ兄ちゃんに

「今日はどうされますか?」

と聞かれると

「いつもの感じで」

この10年間ベッカムヘヤー風髪型以降

同じ髪型だったのですが

 

兄ちゃん「今日はどうされますか?」

カズオ「パーマ」当ててみようかな…。

兄ちゃん「えっ…。」

 

パーマを当てました!

※だれも気付いてくれませんが…。

 

パーマはさて置き

そんな仲間と文化を育み

いい意味で言えば安定、

悪い意味で言えば鳴かず飛ばずだった

状態を脱却し

 

 

逆転

 

 

を自分たちの力で

実現したいなと

こたつに足を突っ込みながら

思うのです。

 

住宅の形や価値観ももしかして変わり

所有するとか賃貸とかの概念が

選択肢が増えて

”シェア”とか

”間借り”とか

価値観も形も変わるかもしれません。

 

でも絶対に人は家に帰ります。

人はより良いサービスを求めます。

これは変わらないと思うので

 

厳しい時代だとは思いますが

淘汰されるのではなく

20%を目指し成長を続けます。

 

それと今、

書いてて思いましたが

 

真面目か!笑

 

このブログ、オモンナイですね…。

落ちを探し求めてダラダラと文章を書きましたが

2020年初頭から、迷子になりました。

今日はオチ、ありません! 

すまん!

以上!

 

2020年ブログはオモシロ求め

ブログを書いて行こうと思います。