MENU
line
エージェント 冨岡 道仁のブログ

鼻が壊れた話👃

ようやく秋の訪れを感じたと思ったら、

早くも冬の足音を感じる今日この頃ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は個人的な悩みをテーマにさせて頂きます

3年程前に突然、鼻が壊れました。。。

鼻の機能の一部がバカになったというべきか。。。

 

毎日では無いのですが、

とにかく1年中、くしゃみ&鼻水が止まりません

強いて言うなら夏場がマシかなぁと最近思うようになりました。)

 

私の場合、特に風呂上がりや朝起きた途端に出始めるのですが、

始まると1日中鼻水&くしゃみに悩まされます。

 

 

くしゃみ  鼻水大洪水

 

 

(こんなイメージです)

 

 

鼻水大洪水  くしゃみ

 

 

 

どちらから始まるのか、

私にはわかりません。。。

 

上品な、くしゃみも出来ず、

ただただうるさいくしゃみで本当に困ります。

(幸いにも、目が痒くなることはありません

 

接する方々には風邪と間違われてご心配をお掛けしたり、

鼻声で聞き取り難いこともあるかと思いますので、

本当に申し訳無く思っております

(一番は、うるさいことだと思いますが。。。)

 

 

ちなみに、

「くしゃみ」は、1回ないし数回の痙攣的な吸気をし、

その後、強い呼気を発することである。

くしゃみ反応は不随意運動であり

「自力で抑制」することは出来ない。

とあります。

 

私は、元々アレルギー体質のようで、

たまに症状は出ておりましたが、

日常生活に支障をきたす程では無く、

今までは、

花粉症に悩んでいる人を見ても、

「気の毒やなぁ」

と他人事だったのですが、

今では、

くしゃみが出過ぎてヘトヘトになることもしばしばです。

 

大袈裟な言い方をすると、

くしゃみが連発する度に、

命が削られている

ような気にさえなります。

 

ですが、

 

あながち大袈裟では無いようでして、

「くしゃみ」については、

諸説あるようですが、

英語圏においては、

くしゃみをすると魂が抜けるという迷信があったようですし、

中世の日本でも、

くしゃみをすると鼻から魂が抜けると信じられており、

寿命が縮まると信じられていたようです。

 

((((;゚Д゚))))

 

そこで早死にを避けるため「くさめ」という呪文を唱えるようになり、

いつしか、それが「くしゃみ」という名前となり、

その行為そのものを指すようになった。

という語源に関する説もあるようです。

 

話を戻しまして、

これまで酷い時は、息を吸う余裕すら与えないタイプのくしゃみが

二連発という状況がランダムに襲ってくるという状態でしたが、

最近は、症状が悪化しているようで、

三連発で襲ってくることもあります。

他には、

とうとう自分のくしゃみで目が覚めるという経験もしました。。。。

Σ(・□・;)

 

普段は薬を飲むと強烈な眠気に襲われる為、

治ることに期待しながら午前中を何とか過ごしまして、

どうしようも無い時は薬に頼るといった感じです。

 

その後は、

くしゃみ地獄から解放されることと引き換えに、

強烈な眠気との戦いが始まります。

 

これまでも耳鼻科にいくつか行きまして、

アレルギー検査も数回やりましたが、

大体の項目に若干反応する始末で、

これが原因というアレルギー源を特定するには至りません。

 

アレルギーの原因となる媒体は複数ある為、

全部を調べるには費用もかかり、キリが無いとのこと。

自分では寒暖差アレルギーでは?

と思っておりますが、

 

 

「かもしれませんね」と言われて、

薬をもらって終わりという感じです。

 

そこで、

 

以前から気になっていたレーザーで鼻の粘膜を焼くという治療法を

思い切って試そうと、色々とネットで調べまして、

良さげな耳鼻科に予約をして、先日行ってみたのですが。。。

 

 

少し長くなりましたので、

続きは次回のブログとさせて頂きます😅

って

 

この話、誰が興味あんねん

 

 

 


芸術の秋 🎥

朝晩は肌寒い日も増えて参りまして、

秋の訪れを感じますが、

時が経つのは本当に早いものですね~

気が付くと前回の更新からとっくに

1ヶ月以上も経過しておりました😅

 

さて、秋といえば芸術の秋、

芸術にも色々とありますが、

映画も芸術の一つということで、

少し強引ではありますが、

今回は映画の話をしたいと思います

 

映画の話というよりも映画館の話になりますが、

先日、以前から気になっていた

「ダンケルク」という映画を鑑賞して参りました

早くも2018年の

アカデミー賞の大本命と言われている

クリストファー・ノーラン監督の話題作です。

CMも流れていましたのでご存知の方も多いかと思いますが、

この映画、

通常の映画館では映像がスクリーンに収まりきらないとのこと。

 

 

えっ

 

 

何それ

 

 

ということで、調べてみましたら、

(間違っていたらスミマセン

この映画の撮影にはIMAXフィルムというものを使用しており、

通常のフィルムに比べ10倍以上の解像度で、

これまで体験したことの無い鮮烈さ、鮮明さで

映画の世界と一体化するような感覚になるとのこと。

 

ところが、

 

IMAXフィルムでの撮影に対応していない従来サイズのスクリーンでは、

どうやら、

上下で約40%もの映像がカットされた状態での上映になるとのこと。

こんな感じや、

こんな感じになってしまうようです Σ(・□・;)

 

確かに上下が切れてますね。。。

 

また、

IMAXに対応している映画館なら大丈夫、

ということではないようで、

日本の一般的な映画館で採用しているIMAXは、

通常のスクリーンを改修しており、

どうしても横長の画面になり画角に合わない部分は、

カットされるか、

画角に収まるように小さく調整されてしまうようです。

 

残念ながら、

日本で「ダンケルク」を、

監督が意図したベストな環境での

フルサイズ上映ができる

スクリーンは今のところ

たった一つしかないそうです。

 

 

が、

 

 

なんとその映画館が大阪にありました

 

 

エキスポランドの跡地にオープンした

EXPOCITY(エキスポシティ)内の

109シネマズです

国内最大級のスクリーンを有したIMAXシアターで、

日本初で国内唯一のレーザーIMAXという代物とのこと。

地方からわざわざ足を運ぶ人もいるというから驚きです Σ(・□・;)

 

ちなみに通常料金よりも700円プラスになります。。。

 

というわけで、109シネマズにて鑑賞して参りました

 

まず、驚いたのがシアターの入口からスクリーンまでの通路が

通常の倍以上に長いです。

ようやく中までたどり着くと左手側に座席が並んでおり、

どえらい急傾斜です。

 

右手側がスクリーンになりますが、

スクリーンというよりも

巨大な壁です

なんと、

ビル6階分に相当する

タテ18m

ヨコ26m

の超巨大スクリーンです 

Σ(・□・;)

上手く伝わりませんが、

とにかく巨大です。

私は、事前に調べてあえて後ろの方で鑑賞しましたので、

丁度、目線に合う位置でしたが、

前列から真ん中ぐらいまでは、

かなり見上げて鑑賞することになるかと思います。

 

映像だけではなくスピーカーの位置など、

音響にもこだわったシアターだけあって

臨場感が本当に凄かったです

 

肝心な映画の内容ですが、

第二次世界大戦中の1940年に起こった「ダンケルクの戦い」

を題材にしたもので、

ドイツ軍によってフランス北端の港町ダンケルクに追い込まれた

イギリス・フランス連合軍の兵士40万人をいかに撤退させるか

という実話を、

「陸・海・空」

それぞれの視点から描いた戦争映画です。

 

監督が映像で物語を語りたかったというだけあって、

映像と音響によるその場にいるかのような臨場感や緊迫感は、

まさにこの映画館で鑑賞するべき映画という感じでした。

ちなみに信じられないことに

全編CGを使わず撮影されているそうで、

特に戦闘機による空戦シーンの映像は圧巻でした。

 

その反面、ほとんどセリフが無く、

派手なシーンや演出もありませんので、

いかにもハリウッド映画というものを期待してしまうと、

物足りないかもしれません。

 

これからどんどんこういう映画が増えると楽しみですが、

財布には厳しくなりますね

 

かなり長くなりましたが、

これから「ダンケルク」を鑑賞しに行かれる方には、

是非とも109シネマズの

次世代レーザーIMAXを

体感して頂きたいですね

 

ちなみに4DXというのは、

また別モノですのでご注意を。

 

 

 

 


ザ・アイス2017⛸

気付けばもう8月ですね

毎日暑すぎてぐったりしております

 

夏真っ只中ですが、

先日、生まれて初めて

フィギュアスケートを観て参りました。

 

 

 真夏にフィギュアスケート

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

 

「THE ICE 2017

というフィギュアスケートのショーで、

今年で11年目になるそうです。

 

今年は何と言っても

 

浅田真央さんの

 

引退後初滑り

 

とあって、

他府県からのツアーで来場した方も多数見受けられました。

テレビ放送もあり例年以上の盛り上がりだったようです。

(残念ながら関東のみの放送だったようですが。。。)

 

 

今年は、浅田真央スペシャルということで、

真央ちゃんと仲の良い選手を中心に

豪華メンバーが揃っておりました。

私はスポーツ全般が好きで、

広く浅く色々とかじっていることもありまして、

フィギュアスケートも結構見ていますので、

かなり良いメンツが揃ったなぁと思っておりましたが、

本当に好きな方には尚更たまらないメンツだったようです。

 

国内組

 

 

海外組

 

フィギュアスケートがお好きな方なら、

お判り頂けるかと思いますが、

豪華メンバーですね

 

 会場は写真撮影等が厳しく禁止されておりましたので、

写真はありませんが、

目玉は真央ちゃんの過去のプログラムを

メドレー形式で各スケーターが演じるというもので

会場も大いに盛り上がりました

途中、浅田真央さんと高橋大輔さんのトークコーナーなどもあり、

こちらもファンにはたまらない組み合わせだったようです。

 

初のフィギュアスケート観賞でしたが、

お客様に喜んでもらいたいという工夫が随所に感じられ、

プロスケーターになった浅田真央さんの新たなスタートの瞬間を

間近で見ることが出来て良い刺激になりました

 

丁度、弊社も社内の内装をリニューアル致しまして、

新たな気持ちで日々仕事に取り組んでおります。

 

全くジャンルは違いますが、

私もお客様に喜んで頂けるようプロ意識を持って

取り組んでいきたいと思います

 

 

トータル2時間ほどのショーでしたが、

盛りだくさんの内容でまた機会があれば行きたいと思います

 

 

お近くにお越しの際は、

リニューアルした弊社に是非お立ち寄りください

 

 


気分はバリ

先日、

売買の取引きでお世話になった

業者の担当者様が紹介してくださったお店に、

お客様(S里様)とランチをご一緒させて頂きました

 

この度、S里様にご購入を頂きましたマンションの近くにあるお店で、

本格的なバリ料理のお店です。

 

お世話になったお礼に、

というお言葉に甘えてご馳走して頂きました

 

 店内に入ると、

バリ感満載の雰囲気の中、

店員さんが笑顔で迎えてくれます。

 

ランチメニューも充実しており、

私が注文したセットも

ボリューム満点です

 

S里様は、

いつもオシャレな仲の良いご姉妹で、

弊社主催のセミナーにご参加頂いた

ことを機にご縁を頂きました。

 

ほぼ毎週のようにお会いして、

多くの選択肢を知って頂きまして、

本当にたくさんの物件をご案内させて頂きました。

ある日のご案内の時には、

移動中に車中で遅めのお昼を食べることもありました

 

大阪市内をあちこち車で移動しながらのご案内は、

様々な物件を知る勉強にもなり、

時には大阪観光のようでもあり、

私にとっても楽しい貴重な時間でした

 

たくさんのご見学を経て出会ったマンションは、

都会でありながら目の前には

大きな公園が広がる

南向きで解放感溢れる本当に素敵なお部屋です

唯一、古びた玄関扉だけが少し気になるところでしたが、

ちょうどマンション全体で玄関扉を交換する計画があり、

なんと

お引渡しの直前に最新の玄関扉に交換されるという

奇跡的なタイミングもありました

 

 

先日のランチの記念にと、

写真の得意なお姉様が素敵な写真にしてくれました

S里様、

今後とも末永くよろしくお願いします

 

 


フェス

5月もあっという間に終わりが来ましたので、

慌ててブログを更新したいと思います

 

GWの話になりますが、フェスとやらに行ってみました。

フェスといっても色々とありますが、

私が初めて行ってみたのは、食フェスです

 

会場は中之島になりまして、

『フードソニック2017in中之島』という、

宣伝も多方面でしていたようですので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

なんと5日間で7万人もの来場があったそうです😲

 

今回は食べログ3.5点以上のお店が揃った食フェスということで、

色々と食べてやろうと意気込んで行ってみたのですが。。。

結果は、少し雰囲気を味わっただけに終わりました

 

 

まず、会場の入口で入場料を払い

入場ゲートをくぐり中に入ります。

 

最初は良い天気になって良かったなぁと余裕でしたが、

この後フェスの恐ろしさを味わうことになります。。。

 

 

天気に恵まれ過ぎたのか、めちゃくちゃ暑い😵

 

基本的に、炎天下の下で過ごすことになります。

 

フェスって感じがします。

 

 

そして、人気の店は長蛇の列です。

暑い中、結構な時間並ばなければなりません。

 

これも、フェスって感じがします。

 

 

会場のイベントスペースでは大道芸も楽しむことが出来ます。

 

まさに、フェスですね。

 

 

暑い中、長時間並んでいる間にどんどん満腹感が襲って参ります。

さらに、注文すると普通に一人前が出て来ますので思っていたよりも、

あっという間に満腹です。

 

 

たいして食べることも出来ず、

暑さと満腹感で体力を消耗してしまった、

フェスデビューでした

 

 

まとめ

食フェス行くなら屋内会場をオススメいたします

 



1 / 212
イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

イーナリンクのスタッフ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

LINE@