MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

リフォーム済み物件の真実 vol.1

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんばんは、山口です。

弊社は、GW前で、有難いことに、ほんの少し、忙しくしています。

 

さて、今日は、よくいただく「リフォーム済み物件」について。

中古マンションを探している方ならば、ほとんどの方が一度はこのフレーズを目にしたことがあると思います。

 

当然、古くて汚い部屋よりも、きれいな方が良い、と思う方の方が多いので、

リフォームして売出す=リフォーム済み物件が、世の中にたくさん出回っているわけですが、

 

少し冷静に考えると、このリフォーム代は、一体誰が払っているのでしょう?

 

答えは、簡単です。

 

リフォーム代を払っているのは、買主です。

 

つまり、「この物件、キレイで素敵!」と思って購入したあなたが、

そのリフォーム代を支払っているのです。

 

じゃあ、「(このように)リフォームしよう!」とリフォームを決行したのは誰でしょう?

 

答えは、簡単です。

 

そうです、売主です。

 

では、売主(大家さん)って、一体誰でしょう?

 

この質問を初めて受けた時、私は、”よぼよぼのおじいちゃん”を想像しました。

 

 

皆様は、いかがですか?

どんな人だと思いますか?

 

実は、ここに真実が隠されています。

 

確かに、「家を売りたい!」と最初に思ったのは”よぼよぼのおじいちゃん”かもしれません。

または、”おじいちゃんが亡くなって その息子”が売主かもしれません。

 

でも、想像してください。

その”よぼよぼのおじいちゃん”が、家を売るのは、何か理由があると思いませんか。

 

例えば、急に現金が必要になったとか、

おばあちゃんが亡くなって、もっと小さな部屋に引っ越したいとか。

 

そんな、おじいちゃんが、何百万円もかけて、数ヶ月かけて、リフォームするでしょうか。

 

できれば、そのまま早く売りたい!というのが、大半のおじいちゃんの本音です。

 

では、リフォーム済みのマンションの売主は、一体誰でしょう?

 

答えは、業者です。買取再販業者という業者です。

私たち、不動産会社の場合もあります。

 

簡単に言うと、業者が、おじいちゃんが売りたいマンションを購入して、

自社でリフォームをして、再度売りに出す、という流れです。

 

じゃあ、業者は、何の為に、そんな面倒くさいことをするのでしょう?

そうです、利益を取るためです。

 

つまり、業者がリフォームするということは、リフォーム代の他に業者の利益が乗っていて、

それを、「素敵!」と思った買主が自ら支払っているのです。

 

もちろん、それが騙されている!とか、悪徳!というわけでは、決してありません。

弊社イーナリンクも、数件ですが、自社でリフォームして売り出す物件もあります。

 

次回は、そんなリフォーム済み物件についてもう少しお話しします。

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 

 

 


人気物件は、本当にすぐ売れてしまうのか?

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんにちは、山口です。

 

今日は、こんなテーマで書いてみます。

「人気物件は、本当にすぐ売れてしまうのか?」

 

この答えは、声を大にして言いたいです。

 

「はい。」

 

YESです。

人気物件の定義が人によって違うので、このブログでは、このように定義してみます。

 

人気物件とは、「人気エリアの駅徒歩10分以内 築15年以内の中古マンション」

人気エリアとは、例えば大阪であれば、大阪市北区・中央区・西区・北摂エリア、

といったところでしょうか。

 

私たちは、大阪 環状線内の中古マンションを専門(中心)に提案しておりますので、

まさに、人気物件をお探しの方が多くいらっしゃいます。

 

皆様、口を揃えて、「良い物件がなかなかないんです。」とおっしゃいます。

 

なぜ、人気物件は、すぐに売れてしまうのか。

それは、ズバリ、ライバルが多いからなんです!

 

 

皆狙っているので、広告が出た瞬間、いや、もう水面下で既に決まってしまっている、

なんて話も、少なくありません。

 

私のお客様で、過去に一度、「この物件じゃないと買わない!」と、一点狙いで決めていらっしゃる方がいて、

実際に、一緒にそのマンションへ行き、「マンション買います!」とチラシをポスティングしたことがあります。

※実際は「売ります!」という問い合わせがなく、その時は購入を諦められました。

 

「家売るオンナ」というドラマでも、同じようなことをやっていましたね。

 

ウェブで物件情報を見ている人と、マンション狙い撃ちで動いている人。

そんな人がいれば、勝てっこないわけです。

 

さすがに、それは少し大袈裟な話ですが、人気エリアは限られていますし、

築15年以内で探していらっしゃる方が80%以上である事実から、

人気エリア(駅近)で築15年以内の物件を、思い通りに手に入れるのは、

大勢の見えないライバルに、超スピードで打ち勝つしか方法はないのです。

 

となると、エリアを広げるか、築年数の制限を広げるか、

この2つしか選択肢はないのですが、私は、どちらも正解だと思います。

 

もちろん、お客様のライフスタイルに合わせて、提案させていただきますが、

もし築年数の制限を広げて、もう少し古い物件を探される場合は、

良い物件を見極める為のポイントを必ずお伝えしますので、

 

くれぐれも、そのポイントを知らぬまま、見極めを失敗しないでください。

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏


もし、こんなキッチンだったら おまけ

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

おはようございます、山口です。

 

本当は、シリーズ3で終わる予定の「もしキッチン」シリーズ、

おさまりきらず、今日はおまけ編です。

 

もし、こんなきっちんだったら vol1

もし、こんなきっちんだったら vol2

もし、こんなきっちんだったら vol3

 

語り尽くしておりますが、万が一何かの参考になれば幸いです。

 

では、早速。今日は、私が実際にこだわって良かった点を紹介します。

 

△私のマンションのキッチンです

 

 

1、人造大理石のワークトップ(天板)

 

 

メーカーが出しているほとんどのシリーズで、オプションですが、

ワークトップ(天板)を人造大理石に変更できます。

 

劇的に汚れがすぐ取れて掃除がしやすいのと、傷が全く目立たないので、

いつ見てもピカピカが保てます。

 

ずっと賃貸暮らしだった私にとっては、キッチン=ステンレスの小さな傷が気になっていたので、この感動をいつもお客様に熱弁します。笑

 

 

2、食洗機

 

食洗機に関しては、意見が分かれるので、本当に人ぞれぞれなのですが、

私は、個人的に付けて良かったと思っています。

 

実際は、そんなに頻繁に食洗機として使用しているわけではないのですが、

食器を手荒いして、乾かすための、水切りカゴとして使用することは多いです。

 

賃貸の時、キッチンが小さかったので、この水切りカゴの置き場所に毎度毎度苦戦しました。

 

そういう意味では、とっても便利です。

反面、食洗機は時間がかかるのと、和食器の色落ちなどもあるので、賛否両論あると思います。

 

ただ、後から付けることができないので、キッチンを新しくする際に付けることをオススメすることは多いです。

※あとから食洗機を付ける場合は、置き型のものでしたら、もちろん可能です。

 

 

3、蛇口の伸びるノズル

 

 

これです。笑

正しい表現方法がわからないのですが、オプションで、蛇口のシャワーヘッドが伸びるタイプのものにすることができます。

 

これは、めちゃくちゃ便利です。

シンクを、短時間で綺麗に洗える優れもの。

なぜ、このヘッドに早く出会えなかったのかと嘆きたくなる程、便利です。笑

 

 

あとは、デザインや機能など、各メーカーの各シリーズによって多少違いますが、

私たちは決してメーカーではないので、必要な機能を満たし、かつよりリーズナブルなものをご提案させていただいています。

 

もちろん、梅田に各メーカーのショールームが集まっていて、

一緒に見に行ったりもしますので、是非お気軽にご相談くださいませ。

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 

 

 

 


もし、こんなキッチンだったら vol.3

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんにちは、山口です。

 

ブログを見てくださっているお客様が増え、嬉しい限りです。

もしご覧になってお越しいただく時は、是非気軽に声を掛けてください。

 

毎日、ブログの先にいらっしゃるお客様を想像しながら、

実際はずーーーーーっとパソコンとにらめっこしているので、

「ブログ見てます!」と言っていただくだけで、跳び上る程嬉しいです。笑

 

さて、今日は、「もしキッチン」シリーズ第3弾。

そろそろキッチンネタも尽きてきたので、一旦、このくらいにしておこうと思います。

 

もし、こんなきっちんだったら vol1

もし、こんなきっちんだったら vol2

 

第3弾の今日は、キッチンの機能について。

 

こちらは、完全に主観ですが、「機能」に関して、あまり強いこだわりがない!というお客様に、

私がオススメしているキッチンの機能をご紹介します。

 

私が、自分のマンションのリノベーションを考える際、キッチンに求める要望は、こんな感じでした。

 

・仕事をしているので(洗い物が嫌いなので)、食洗機をつけたい。

・頻繁に料理をするわけではないが、キッチンが広くなれば料理をするかも。でもそんなに広くなくても良い。

・(賃貸のキッチンのように)細かい傷が目立たない方が良い。

・収納は多い方が良い

 

あとは、特にこだわりはありません!といった、ものすっごく漠然とした要望でした。

 

 

それで選んだキッチンがコチラです。

リクシルのシエラシリーズ。

 

上記の要望を満たし、かつ、シンプルで安い、というのが決め手でした。

 

実は、キッチンのこだわりが強いお客様といっても、

vol.2で記載したような、形や見た目に関するこだわりがほとんどで、

機能に関するこだわりは、どのお客様も、あまり多くないのが実情です。

 

よくあるのは、キッチンの高さです。

背の高いご夫婦や、腰に負担をかけたくないお客様の場合、少し高めにされることが多いです。キッチンを新しくする場合、そんな要望はいとも簡単に叶えられます。

 

私は、個人的に、ご覧の通り、「ラクに使えるキッチン」を要望しておりましたので、

それを叶えるためにこだわって良かった点が、3点あります。

 

実際に今現在も、本当に良かったと実感中なので、いつもお客様におススメしています。

 

今日も、長くなってしまいました。

その3点については、「もしキッチン」シリーズ おまけ編で、

また明日ご紹介させていただきます。

 

それでは、今日も素敵な一日になりますように。

 

また明日。

 

 

山口 知夏

 

 

 

 

 

 


もし、こんなキッチンだったら vol.2

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんにちは、山口です。

 

昨日のもし、こんなきっちんだったら vo1をご覧いただいた方もいらっしゃるかと思いますが、

なんだか少し”くどくど”書いてしまったので、今日はライトに事例をご紹介します。

 

※以下、画像は全てインスタグラムより

 

まずは、こちら。

めちゃくちゃオシャレなキッチンです!

このようにキッチンの頭上に吊り棚を設置したい!と依頼をいただくことも、よくあります。

お酒が好きなご主人様(奥様)が多いようなイメージですが。

このような工事も、もちろん可能です。

ちなみに、こちらのキッチンは、造作といって、ほぼオリジナルで作っていると思うので、

通常メーカーが販売しているシステムキッチンを入れるよりは、かなり費用が必要です。

 

 

 

次は、こちら。こちらは、よく提案させていただくプランです。

現状、壁付けのキッチンで、対面にしたいけれど、あまり費用はかけたくない、

というお客様へ提案をさせていただきます。

 

キッチンの対面に、作業台兼食卓、または、このように大きめの食卓を設置することで、

対面キッチンのような雰囲気に仕上げることができます。

 

 

 

こちらも、とってもおしゃれですね。

やはり、造作といって、オリジナルでキッチンを作っているので、

費用はかかります。

 

でも。限られたスペースを100%有効に使うのは、

やはり、オリジナルでつくるキッチンの最大の魅力です。

 

海外ドラマに出てくるキッチンのようですね。

例えば、他のスペースにあまりお金をかけず、キッチンのみに費用をかける!などという場合には、ここまで作ってしまうこともオススメです。

 

数年後、やっぱりキッチンを作ろう!と決めても、住宅ローンに組み込むことはできないので、現金またはリフォームローン(住宅ローンと比べると圧倒的に高金利)を組む必要があります。

 

 

こちらは、システムキッチンを対面式に置き、そのまわりを木枠で囲み、

黒かグレーの塗装をしていますね。

 

私の家も、全く同じ手法ですが、こちらもコストは抑えられます。

 

 

△私の家は、木枠の表面にタイルを貼っています。

コストを抑えてオシャレに、自分らしく、というご希望の場合は、

この手法がオススメです。

 

いかがでしたか?

 

画像は、ピンタレストやインスタグラムなどで、沢山検索できますが、

なかなかコスト面までは想像が難しいと思うので、少しずつご紹介していきますね。

 

 

それでは、また。

次回もお楽しみに!

 

 

山口 知夏

 

 

 

 

 

 

 

 



イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

イーナリンクのスタッフ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

LINE@