MENU
line
エージェント 冨岡 道仁のブログ

芸術の秋 🎥

朝晩は肌寒い日も増えて参りまして、

秋の訪れを感じますが、

時が経つのは本当に早いものですね~

気が付くと前回の更新からとっくに

1ヶ月以上も経過しておりました😅

 

さて、秋といえば芸術の秋、

芸術にも色々とありますが、

映画も芸術の一つということで、

少し強引ではありますが、

今回は映画の話をしたいと思います

 

映画の話というよりも映画館の話になりますが、

先日、以前から気になっていた

「ダンケルク」という映画を鑑賞して参りました

早くも2018年の

アカデミー賞の大本命と言われている

クリストファー・ノーラン監督の話題作です。

CMも流れていましたのでご存知の方も多いかと思いますが、

この映画、

通常の映画館では映像がスクリーンに収まりきらないとのこと。

 

 

えっ

 

 

何それ

 

 

ということで、調べてみましたら、

(間違っていたらスミマセン

この映画の撮影にはIMAXフィルムというものを使用しており、

通常のフィルムに比べ10倍以上の解像度で、

これまで体験したことの無い鮮烈さ、鮮明さで

映画の世界と一体化するような感覚になるとのこと。

 

ところが、

 

IMAXフィルムでの撮影に対応していない従来サイズのスクリーンでは、

どうやら、

上下で約40%もの映像がカットされた状態での上映になるとのこと。

こんな感じや、

こんな感じになってしまうようです Σ(・□・;)

 

確かに上下が切れてますね。。。

 

また、

IMAXに対応している映画館なら大丈夫、

ということではないようで、

日本の一般的な映画館で採用しているIMAXは、

通常のスクリーンを改修しており、

どうしても横長の画面になり画角に合わない部分は、

カットされるか、

画角に収まるように小さく調整されてしまうようです。

 

残念ながら、

日本で「ダンケルク」を、

監督が意図したベストな環境での

フルサイズ上映ができる

スクリーンは今のところ

たった一つしかないそうです。

 

 

が、

 

 

なんとその映画館が大阪にありました

 

 

エキスポランドの跡地にオープンした

EXPOCITY(エキスポシティ)内の

109シネマズです

国内最大級のスクリーンを有したIMAXシアターで、

日本初で国内唯一のレーザーIMAXという代物とのこと。

地方からわざわざ足を運ぶ人もいるというから驚きです Σ(・□・;)

 

ちなみに通常料金よりも700円プラスになります。。。

 

というわけで、109シネマズにて鑑賞して参りました

 

まず、驚いたのがシアターの入口からスクリーンまでの通路が

通常の倍以上に長いです。

ようやく中までたどり着くと左手側に座席が並んでおり、

どえらい急傾斜です。

 

右手側がスクリーンになりますが、

スクリーンというよりも

巨大な壁です

なんと、

ビル6階分に相当する

タテ18m

ヨコ26m

の超巨大スクリーンです 

Σ(・□・;)

上手く伝わりませんが、

とにかく巨大です。

私は、事前に調べてあえて後ろの方で鑑賞しましたので、

丁度、目線に合う位置でしたが、

前列から真ん中ぐらいまでは、

かなり見上げて鑑賞することになるかと思います。

 

映像だけではなくスピーカーの位置など、

音響にもこだわったシアターだけあって

臨場感が本当に凄かったです

 

肝心な映画の内容ですが、

第二次世界大戦中の1940年に起こった「ダンケルクの戦い」

を題材にしたもので、

ドイツ軍によってフランス北端の港町ダンケルクに追い込まれた

イギリス・フランス連合軍の兵士40万人をいかに撤退させるか

という実話を、

「陸・海・空」

それぞれの視点から描いた戦争映画です。

 

監督が映像で物語を語りたかったというだけあって、

映像と音響によるその場にいるかのような臨場感や緊迫感は、

まさにこの映画館で鑑賞するべき映画という感じでした。

ちなみに信じられないことに

全編CGを使わず撮影されているそうで、

特に戦闘機による空戦シーンの映像は圧巻でした。

 

その反面、ほとんどセリフが無く、

派手なシーンや演出もありませんので、

いかにもハリウッド映画というものを期待してしまうと、

物足りないかもしれません。

 

これからどんどんこういう映画が増えると楽しみですが、

財布には厳しくなりますね

 

かなり長くなりましたが、

これから「ダンケルク」を鑑賞しに行かれる方には、

是非とも109シネマズの

次世代レーザーIMAXを

体感して頂きたいですね

 

ちなみに4DXというのは、

また別モノですのでご注意を。

 

 

 

 

▼「冨岡」が投稿した記事をもっと読む!


カテゴリー

トミーのつぶやき, ブログ

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

イーナリンクのスタッフ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@