MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

不動産会社の営業マンに聞かれなければならないこと

 

築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。

 

おはようございます。山口です。

 

もう既に、物件を見に行かれた方。

まだ、ネットサーフィン中の方。

随分前に、何件か見学に行ったが、なんとなくタイミングが合わなかった方。

これから物件を見に行く予定がある方。

新築マンションのモデルルームへ行ったことがある方。

 

色々なシチュエーションの方がいらっしゃると思います。

 

今日は、私が、不動産会社の一人の営業マンとして、

お客様へどんな提案をしているのか、お伝えしたいと思います。

 

私の場合は、中古マンション+リノベーションを中心にブログを書いたり、

セミナーをやったり、広告を出したりしているので、

 

そもそも中古マンションを探している人か、

リノベーションをしたい人、

 

この2パターンのお客様が多いです。

 

まず、最初に、私が必ず聞くことは、

 

「なぜ、中古マンションを探しているのか。」

「なぜ、リノベーションがしたいのか?」

 

 

直球で聞くことはしませんが、話の流れで、必ず聞きます。

その理由やきっかけを知ることで、提案の幅が広がるからです。

 

お客様は、どんなお客様でも、住宅購入を検討し始める際、

必ず何かきっかけがあって、何か理由があって、

それを実現するために、住宅購入という選択肢に辿り着くのです。

 

例えば、先日いらっしゃったお客様は、

なんとなく家賃がもったいないなー、と思って。

とおっしゃっていました。

 

その場合は、

「なんで、家賃がもったいないと思いました?」と聞くと、

「家賃って戻ってこないじゃないですか。」

「じゃあ、いつか売ったりってこともお考えですか?」

「将来はわからないので、その可能性もありますよね」

 

という会話があって、そんな時は、

その後の資産価値の目減りが少ない築30年以上の立地の良いマンションが

オススメですが、

 

お客様は、「築10年以内でマンションを探しています」なんてことも

よくあります。

 

なぜ?と理由やきっかけを確認することで、

お客様がなんとなく考えている住宅購入の条件と、

住宅購入によって実現したいことのギャップを埋めながら、

優先順位を整理していきます。

 

そうすると、築10年以内で考えていたお客様が、

築40年のマンションを購入してリノベーションという選択をされることも

実際にありました。

 

とても単純なことで、私だけがやっている特別な手法でも何でもありませんが、

色々な不動産会社の営業マンがいますので、

 

「なぜ?」と、理由やきっかけは、聞かれなければならない、

大事なポイントだと思います。

 

書ききれなかったのので、次回へ続きます。笑

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 

 

 


カテゴリー

知夏のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@