共働き家族の賢い住宅ローン

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、

オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ」

 

こんにちは、山口です。

 

住宅ローンについて、詳しく記載された記事って、なかなかないと思いませんか?

 

タイトルに惹かれて、中を見ても、なんとなく仕組みは分かってきたが、

結局自分はどうなんだろう?と、自分と似たような境遇の事例を求めてネットサーフィン。

 

なんて経験ございませんか?

 

このブログも、そうです。ここに答えはありません。

 

実は、私もその経験があります。私がマンションを購入する時は、

化粧品会社の普通のサラリーマンでしたので、不動産のこと等全く分かりませんでした。

 

ましてや、当時は、まわりに、独身でマンション購入をする人がいなかったので、

気軽に聞くこともできませんでした。

(それで、誰にも頼れないので、一人であらゆる情報を勉強し尽くして、最強頭でっかちになった状態で不動産会社やリノベーション会社に現実的な話を聞き、理解したのです。)

 

後からわかったのですが、住宅ローンについて知りたいと思っても、

ネットや書籍には一般論しか載っていないし、

知り合いや友人の例は、自分には当てはまらない、

(さらに、金融機関の条件も月毎レベルで変化している。)

 

だから、結局自分はどうなんだろう?の答えは自力では探せないんです。

 

 

私は、「不動産会社=騙される」と、当時本気で思っていたので、

書籍、ネット、親、知人、不動産営業の知人、銀行の知人に、

それはそれは聞きまくりました。

 

自分に利害関係のない人からの情報と一般論を猛勉強したのです。

 

それでも、その後、不動産業界に自ら入り、

こんな方法もあったのか!と思うことが何度かありました。

 

住宅ローンは、人によって、違います。

いえ、全然違います。

 

(条件が良く)選択肢が多い方、

(例えば転職したばかりで)選択肢が少ないどころか、組めないか、条件付きローンか、そんなギリギリの方、

 

特に、共働きのご夫婦の場合は、ご主人様だけで組むパターンと、奥様も一緒に組むパターン、奥様名義で組むパターンなど、メリット・デメリット含め、

さらに選択肢が増えます。

 

例えば、不動産会社で、何の断りもなく、

「じゃあ、みずほか、三井住友でいきましょう」のような、

業者側の主観で(悪気なく)進めていかれる場合は、

一歩立ち止まって考えてください。

 

条件の良いご家族ほど、そのように進むケースが多いです。

いえ、ほとんどの場合そうかもしれません。

 

もう一度繰り返します。

共働き夫婦で条件(お勤め先、勤続年数、年収など)が良ければ、

選択肢はとーーーーーーーっても豊富です。

 

弊社では、あらゆるパターンをシュミレーションして、

一緒にその画面を共有しながら、ローンのお手伝いをしています。

弊社ローン相談問い合わせ

 

それでは、また。

 

山口 知夏

 


カテゴリー

知夏のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です