MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

固定資産税と住宅ローン控除のこと。

 

おはようございます。

寒波は、いったん今日まで、らしいですよ。

週末からまた寒くなるようですが。

 

さて、年末調整の時期が近づいてきました。

個人事業主の方は、領収証を集めたり、バタバタされる時期だと思います。

 

年末調整と言えば、住宅ローン控除。

皆様、住宅ローン控除のこと、ご存知ですか?

 

私は、自分が購入するまで、全く知りませんでしたから、

声を大にして言いたいです。

知らずに購入を考えるのと、知って判断するのと、全然違います!

 

日本は、国民一世帯当たりの住宅保有を、国が推進しているので、

住宅購入者への待遇が、とっっっっっっっっっっても手厚いのです。

 

だから、住宅ローンの金利も、日本の場合、

「自分(家族)が住むための住宅購入」であれば超低金利、

アメリカやヨーロッパから見ると、あり得ない金利だそうです。

日本でも、例えば「投資用の住宅購入」であれば、金利は数倍高いので、

いかに、「住むための住宅購入」が待遇されているか

想像いただけると思います。

 

というわけで、そんな高待遇は、存分に利用すべき!と私は思うので、

住宅ローン控除についても、知っておかれることをオススメします!

ブログでは、とても細かく長くなるので、割愛しますが、

弊社は、専門のファイナンシャルプランナーが常駐しておりますので、

必要でしたら是非ご相談にお越し下さいませ。

インターネットにも沢山情報が出ていますので、独学でも十分だと思います!

 

私の事例をお話すると、

私の場合は、住宅購入すると、とにかく(賃貸の今より)出費が増える!と、

勝手に思い込んでいたので、不安でいっぱいでした。

 

例えば、固定資産税。

いったい、いくらなん!!!!!!

 

money7-2

 

赤裸々に申し上げると、私の場合、約72,000円/年 ですが、

これは、確かに、賃貸にはない出費。

 

でも、実は、住宅ローン控除で、約60,000円/年 が戻ってくるんです。

相殺すれば、12,000円/年 か、2年に一度の更新料より安いな、

と、考えることにして納得しました。

 

住宅ローン控除の条件、私の場合は住宅ローン控除の中でも(増改築分対象)、

その場合の条件など、

知らずに購入して、控除されなかった!!!という場合と、

知った上で判断して、控除されなくても損しないように計算して購入するのと、

全然違います。

 

ちなみに、住宅ローン控除は、MAX10年迄、

もちろん住宅ローンを組まないと控除されないので、

それを考慮した上で、頭金とローンの組み方のバランスを考えないと

損をする場合もあります。

 

不動産会社は、親切に教えてくれない場合もあるので、

自分で知っておく必要があります。絶対にあります。

 

気になる物件の物件見学に行く前に、

ある程度勉強をして、知識をつけておかれることをオススメします!

長く住める優良物件見極め講座 の中でも、

お伝えしておりますので、まずは是非ご参加ください。

 

お金や制度のことは苦手!

まさに私がそうでした。でも、知らないと本当に損をするんです!

一生に一度と思って笑、勉強してください!

 

それでは、また。

 

山口 知夏


カテゴリー

知夏のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@