MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

もし、こんなお風呂だったら

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんにちは、山口です。

 

さて、少し前に書いたもしキッチンシリーズ、好評だった(かもしれない)ので、

今日は、お風呂編をお届けします。

 

先日、お客様から、

「お風呂は、メーカーのユニットバスか、オリジナルのバスタブを設置したりするのと、どちらがお金がかかりますか?」

と、ご質問をいただきました。

 

(もちろんモノによりますが)答えは、断然ユニットバスです。

 

 

△例えば、これがユニットバスです。

 

それに対して、オリジナルのお風呂とは、「在来工法」と言ったりしますが、

 

 

△例えば、こんなお風呂がそうです。

 

海外風のオシャレなお風呂にしたい方、ご希望される方がとっても多いです。

でも、ユニットバスより、はるかにお金がかかります。

 

こんなオシャレなお風呂なら、高くて当然、とお思いの方もいらっしゃると思いますが、

 

 

実は、古いマンションでたまに見かけるこちらのお風呂も、

オリジナル(在来)のお風呂のため、通常ユニットバスよりもお金がかかります。

 

オリジナル(在来)のお風呂の良いところは、もちろん、デザインです!

オシャレに、思い通りに作ることができます。

例えば、浴槽が大きくできず、どうしても狭いスペースにお風呂を設置する時は、

スペースを最大限活かすお風呂づくりができる、この自由度が最大のメリットです。

 

一方、デメリットは、コストと機能性の弱さです。

例えば、タイルなどを浴槽に使うと、目地にカビが生えたり、手入れがとっても大変です。

 

その点、ユニットバスの最大のメリットは、コストと抜群の機能性です。

一方、やはりデザインは限界がありますし、ごく稀にユニットバスが入らないマンションもあります。

 

私は、ズボラな性格なので、断然、手入れが簡単なユニットバスを選択しました。

 

ユニットバスといえども、今は星の数ほど種類もあって、お風呂をリフォームするなら選べます。

 

もちろん、サイズによって、多少制限はありますが、私は、

一番シンプルでリーズナブルなリクシル リノビオシリーズの、

1316サイズ(一人にしては少し広め)、全てベージュで揃えました。

 

 

ちなみに、こちらのシャワー、問い合わせは多いのですが、

結構不便です。笑

 

お風呂はこだわりたい!という方、是非気軽にご相談ください。

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 

 

 

 

 

 


カテゴリー

知夏のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@