MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

リフォーム済み物件の真実 vol.2

 

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんにちは、山口です。

 

リフォーム済み物件の真実 vol.1 に続き、今日は第2弾をお届けします。

 

さて、前回、リフォーム済み物件の売主は、業者である、とお伝えしましたが、

たいていの場合、そうです。

 

私は、この事実を知った時、どうせ買主がお金を払うなら、

自分でキッチンもお風呂も床も壁紙も全部選びたかったなー、と思いました。

 

実際は、買主が結局自分でリフォーム代を負担していることに気が付かないのです。

 

なぜか。それは、誰も教えてくれないからです。

 

この、リフォーム済みの素敵なマンションが3,000万円です、

と言われたら、買主は3,000万円に納得して購入するわけです。

 

つまり、誰も騙していないし、間違っていないのです。

 

 

ただ、カラクリを知ると、選択肢が増えます。

3,000万円でリフォーム済みのこのマンションを購入するのか、

2500万円で古くて汚いまま購入し、残りの500万円で自分の好きなようにリフォームするのか、

自分にとって、どちらが良いか、選択できるのです。

 

どちらにも、メリットとデメリットがあります。

例えば、前者の場合、メリットは、完成形を見られることと、購入手続きが完了すればすぐに住めます。

一方、デメリットは、業者の利益分も支払う必要があるのと、後者に比べ仲介手数料を多く払う必要があります。

 

後者の場合、最大のメリットは自分たちの好きなようにデザインすることができます。

デメリットは、デザインの打合せと工事の時間によって、購入後、すぐに住むことができません。

 

つまり、大事なことは、事実を知った上で、自分たちにとってベストな選択をする、ということです。

 

少なくとも、このブログに辿り着いた方には、この事実をお届けできて良かったです。

とはいえ、お客様によってベストな選択とは、その属性やタイミング等、様々なので、

ブログで一般論的に全てはお伝えできないと思っています。

 

是非、いつでも、気軽にご相談ください。

 

とは言っても、リフォーム前の古くて汚い物件なんか、全然売りに出ていない!とか、

古い物件は怖くて無理!とか、

現実的な問題がたくさんあります。いえ、あって当然です。

 

繰り返しますが、いつでも、気軽にご相談ください。笑

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 

 

 

 


カテゴリー

知夏のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@