MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

あなたにとって最適な中古マンションとは

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

おはようございます、山口です。

 

中古マンションを購入される際、やはり、その名の通り、

当然に、中古なので、どの程度まで、許容範囲か、

これは、購入者にとって、結構重大なポイントだと思います。

 

弊社、特に私は、リフォーム・リノベーションに特化したブログ・セミナー等を

発信しているので、リフォームを前提に探されているお客様が多いのですが、

 

もちろん、リフォームを全く考えていない!というお客様もいらっしゃいます。

 

全く考えていないお客様はもちろん、必要に応じてリフォームかな?

と考えているお客様にとっては、中古マンションの現況は気になるところです。

 

私は、過去に、ボロッボロの中古マンションから、

まだ十分にきれいな中古マンションを、数々見てきましたが、

今日は、どんな中古マンションが、どんなお客様に最適か、

そんなお話をしたいと思います。

 

ちなみに、こちらが、私が購入したマンションのリフォーム前の状態です。

当時、築29年でした。

 

 

賃貸でも貸す予定のマンションでしたので、

クリーニングもされていて、まだ、キレイと言えばキレイなのですが、

なんとも古めかしい、ビンテージ感が漂っていました。

 

例えば、このマンション、29年間、一度もリフォームされていないので、

フルリノベーションをする私にとっては、最も最適なお部屋でした。

 

もっと言うと、クリーニングすらされていない方が、本当は最適ですが。

 

なぜなら、マンションの場合、約30年も経つと、ほとんどの場合、

お部屋の価値は、ほぼゼロ円です。

 

でも、例えば、このマンションが築15年で、私がフルリノベーションを

したい、となった場合、

お部屋の価値がまだまだ残っているので、全部壊してしまうのは、

とってももったいない=最適ではない、ということになります。

 

じゃあ、リフォームは全く考えていない!というお客様にとって、

この築29年のマンションは最適でしょうか。

 

やはり、お風呂やトイレ、キッチンといった水回りの機器は、

今は多少キレイに見えても、やはり間違いなく寿命が近づいています。

 

そう考えると、リフォーム・リノベーションを、

どの程度イメージされているかによって、最適な中古マンションの定義が

変わるということです。

 

それでは、具体的には、どのように考えるのがベストなのでしょうか。

 

少し長くなったので、次回に続きます。

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 


カテゴリー

知夏のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

イーナリンクのスタッフ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@