MENU
line
マンション売るオンナ 山口 知夏のブログ

リフォーム・リノベーションの床選び

 

 

「築30年のマンションを購入し、自分好みにリノベーション、DIY、オウチ大好き30代シングル女子が発信するブログ。」

 

こんにちは、山口です。

 

先日、友人から「リノベーションを考えているのだけど」と相談を受けました。

でも、よくよく話を聞くと、それは「リフォーム」の話でした。

 

リフォームとリノベーションの違いは、以前まとめたので、

よろしければご覧ください。

リノベーションの可能性

 

ただ、実際に明確な違いなんてないんですよね。

でも、ざっくりと、

自分が望むものが、「リフォーム」なのか、「リノベーション」なのか、

これは、ある程度知っておいた方が良いです。

 

理由は、「リフォーム」なのに、「リノベーション」の業者に依頼すると、

思った以上に費用がかかるからです。

 

仮に、「リフォーム」を「古くなった部分を新しく」という意味で、

「リノベーション」を「オシャレに自分たちらしく変身させる」という意味だとしたら、

 

「リノベーション」には、実績はもちろん、提案力やデザイン力が必要になります。

つまり、リノベーション会社は、それも含めた費用が必要になるわけです。

 

例えば、今回の友人からの問い合わせは、トイレとお風呂を新しく、畳を床に変えたい、

といった内容でしたので、

それであれば、「工務店に直接頼んだ方が安い」と、工務店を紹介しました。

 

「ただし、提案力は期待しないように」と。

 

ちなみに、今、私がリノベーションをすすめているお客様も、

「床はどうしましょう?」と、

費用とデザイン、仕上がりのイメージをにらめっこしながら、

一緒に悩みました。

 

床は、大きく分けて3つのパターンがあります。

1、一枚板を使った無垢材をつかった床。

2、合板といって表面だけに薄い木材を使った床。

3、シートや絨毯の床。

 

上から順にコストがかかるのですが、実は大きな違いがもう一つあります。

無垢材や合板を使った床を作るのは、大工さん。

シートや絨毯を貼るのは、壁紙やさん。

 

つまり、素材はもちろんですが、実は、工事をする人も変わってくるので、

それだけに、費用が異なります。

 

私たちは、リフォーム会社とリノベーション会社の中間的な存在で、

デザイナーがいるので、様々な提案をさせていただいています。

 

費用、仕上がり、どれをとっても、一長一短ですが、

ベストな選択をしていただくよう、丁寧に説明させていただきます。

 

 

ちなみに、私は、最もコストの低い

3、シート(塩ビタイル)を使って、ヘリンボーン貼りを選択しました。

 

なかなかオシャレですよ。

 

気になる方は、是非いつでも気軽にお問い合わせください。

▷ お問い合わせ

 

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 


カテゴリー

知夏のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@