MENU
line
林 和男のブログ

中古マンション、冬の陣3

こないだ、社員が大手柄をあげたのと

 

決済が水曜日だったので

 

ご褒美に

 

 

うなぎを食べに行きました。

 

ここのウナギは超絶ウマイ。

 

でも多分20代ガツガツ行きたい若者は

 

あかんとおもう。

 

めちゃめちゃ上品な味と

 

うなぎが本物(たぶん)だと思います。

 

行った時も予約の電話がほぼ

 

なりっぱなし。

 

でも店主は電話にでません。

 

たまに手が空いた時にでるんですが

 

 

電話の最後に

 

「時間を厳守してください。

 

遅刻すると味の保証はしません。」

 

とちょっと強気のことば。

 

 

職人として時間にぴったりに作ってくれて

 

美味しく食べてもらうことに

 

命をかけているんだなと思いました。

 

だから、目の前にお客さんがいるときに

 

手がいていないときは電話は出ません。

 

 

 

私の勝手な感想ですが

 

そんな思いが伝わるウナギやさんです。

 

 

どこかって!?

 

教えてあげません!笑

 

「谷町四丁目 うなぎ」

 

でググって下さい。

 

 

 

そんなんで一昨日のまじめな話の続き。

 

価格が上昇している中古マンション。

 

今買うべきか、ちょっと待つべきかっていう話。

 

 

その前になんで

 

こんなに価格があがってしまったのかって話もしよう。

 

 

買う人はあまりご存じないかもしれませんが、

 

売る人は自分のマンションが一体いくらで

 

売却出来るんだろうと思ったとき

 

 

 

 

 

マンション

一括査定サイト

 

 

 

 

 

というサイトに大体たどり着きます。

 

これは自分のマンションのスペックを

 

入力すればマンション所在のエリアを

 

得意としている不動産業者が

 

机上で査定してくれるという一見合理的で

 

便利なサイト。

 

 

 

でも実は不毛なサイト。

 

 

 

ワンクリックで不動産業者5社が

 

査定してくれるというのは表のメリットで

 

裏のデメリットは不動産仲介業者は

 

売り物件を取るのが生命線と言っても

 

過言でない中、各業者必至です。

 

 

 

そんな中、各業者の目的は

 

正確な査定価格を提供することでなくなり

 

売却の為の媒介契約を自分ところで取る

 

というのが目的となっていしまい。

 

 

 

物件所有者である売主の

 

自分の物件を少しでも評価してくれる

 

不動産業者に任せたいという

 

想いに便乗し

 

とんでもない査定価格を平気で

 

出すところが増えています。

 

 

 

相場3000万円で

 

強気でも3180万円という物件でも

 

実際にはいない顧客を引き合いに出したりして

 

 

 

 

「3千万円後半でもいけます!」

 

 

 

 

えっ!?みたいな業者も出てきたりで

 

同じマンションで5社の査定価格が

 

1000万円以上差が出ることもよくある話で

 

不動産に関しては素人である売主様は

 

戸惑うばかりでやはり、自分の不動産を

 

高く評価してくれる業者に任せてしまうという

 

流れが出来ています。

 

 

 

その後、当然そんな価格で売れる訳ないので

 

値下げ物件が増えて来ているという図式です。

 

売主にとっても買主にとっても

 

非常に不毛な形になっています。

 

 

 

 

そんな中、今買うべきか!?、

 

ちょっと待つべきか!?

 

 

 

ひっぱるねぇ~。

 

という声も聞こえてきそうですが

 

話が脱線しがちでして、すみません。

 

ではまた明日。

 

 


カテゴリー

カズオのつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

イーナリンクのスタッフ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@