インスペクションって!?

 

インスペクションってご存知ですか?

 

簡単に言うと、住宅検査のことです。

 

 

売買仲介の場合、売主が売却予定の不動産を

 

専門家が実際にその物件を見て検査し

 

報告書にまとめます。

 

 

買主はそれを見て、自分が購入検討する物件が

 

どんな状態かを把握したうえで購入できますし

 

売主としても物件を引き渡す前に

 

物件の瑕疵(不良等)を見つけることが出来て

 

余計なトラブルを回避することができます。

 

 

 

 

 

たぶんですが…。

 

 

 

 

 

初めて住宅購入を検討する方が

 

この話だけを聞くと、

 

「えっ、そんなの当たり前にあるんじゃないの?」

 

って思う人もいるんじゃないかと思います。

 

 

 

そうです、不動産先進国のアメリカでは

 

超常識的にインスペクションが行われていて

 

さらにそこに保険を掛けることで

 

中古物件に対してのネガティブな部分がカバーできて

 

日本とは比にならないくらい、中古不動産の流通が

 

活発に行われています。

 

 

 

やっと日本にも、が吹いてきたんです。

 

昨年、宅地建物取引業法が改正されて、

 

2018年4月より、

 

売買契約を締結する前に宅建業者が

 

買主に読み上げる重要事項説明書に

 

売買対象物件がインスペクションを

 

しているか、していないかを

 

説明する義務が出来ました。

 

 

 

 

 

私的にはこの法改正は

 

非常に意味のあるものだと思っています。

 

 

 

 

 

やはり、日本ではまだまだ新築志向の方が多く

 

中古に対して不安が多いと思います。

 

しかし、まずはインスペクションで

 

購入検討する物件が

 

どんな状態かをきちんと可視化して

 

見ることができますし、

 

そこに保険を掛けることで

 

中古住宅にはほぼなかった、

 

 

 

 

保証

 

 

 

 

が出来ることになります。

 

そうすることによって、

 

中古不動産を購入検討する方にとって

 

ネガティブな要素を軽減できますし、

 

そうなれば、業界全体の取引が

 

活発になるほか、

 

不動産価値や流通性が上がり

 

経済にとっても、

 

非常に良い、動きだと思っています。

 

 

 

でも普通に考えたら

 

倫理的にも、当たり前の話で

 

なんで今までなかったんだろうと

 

思うくらいです。

 

 

 

不動産業界に携わる身として

 

偏見が多いこの業界が

 

最適化されていくことは

 

非常に嬉しいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー

カズオのつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です