えっ?怒ってくれてありがとう!?

arigatou

先日突然、私の携帯電話に

 

電話が入りました。

 

※私はビビりなのでプライバシーのことを考えて

 携帯電話にお客様の電話番号は登録しません。

 

 

林「はい、林です。」

 

お客様「林さん、覚えてますか??」

 

林「えっ、あのすいません・・・。」

 

でも、完全に聞き覚えのある声と話し方!

 

お客様「●●です。」

 

林「あーーーーーー!

 大変ご無沙汰しております!!」

 

 

それは私は独立してよちよち歩きのころ

ご自宅ご売却のご相談を頂き

大変お世話になったお客様でした。

忘れるどころか、”ある”ことがあって

すごく印象深いお客様でしたから・・・。

 

 

林「もちろん、覚えていますよ!」

 

お客様「じつは不動産のことで相談したいんですけど

   相談乗ってもらえますか??」

 

 

林「もちろんです!

 また私に(あんな事があったのに・・・。)

 ご相談頂き、本当に嬉しいです。」

 

 

そんなこんなで数年ぶりにお懐かしいお顔を

 

見れることになりました。

 

 

 

そうですね、6年位前にお会いした依頼でしたが

 

ご主人様も、奥様も少しも変わっていないご様子で

 

”すごい”笑顔で迎え入れてくれました。

 

 

 

昔話とたまたまですが、私の自宅の近くに

 

お住まいでしたので、近所の話や

 

お互いの子供の話で盛り上がり、

 

 

ようやく不動産売却のご相談をゆっくりお伺いし

 

どれ位お話したでしょうか、1時間くらいだと思います。

 

今回はお客様の不安やご意向をお伺いし

 

しっかりと調査の上回答する為

 

その日は帰ろうとすると、奥様が・・・。

 

 

 

 

奥様

「林さん、あの時、

怒ってくれてありがとう!

今があるのは

あの時林さんが

怒ってくれたおかげです。」

 

 

 

林「えっ~~!!」

 

 

 

そうです、私は不動産業に携わり約20年経ちますが、

 

過去1度だけ、感情的になってしまったことがあります。

(感情的と言っても、怒鳴ったりしてないですよ。)

 

 

 

 

細かい事情は申し上げられませんが

 

その時は2回目にお会いしたと思うのですが

 

 

本当に優しそうなご主人様と

 

凄く明るく、気さくな奥様で

 

話している内に、何とかこのお二人の気持ちに

 

応えたい、その為には私に何が出来るか、

 

何が最適か、そんなことを考え過ぎるあまり、

 

当時私は・・・。

 

 

 

 

林「もう、止めましょう!!」

 

 でも今、今回の話を進めなければ、こんな形になると思います。」

 

 

そんな話を結構長い時間、普段は基本

 

寡黙な人間ですが、その時ばかりは

 

お客様のことを想う感情が表に出てしまいました。

 

 

 

その結果、そんな無礼な態度を取ったにも拘わらず

 

ご夫婦は分かってくれて、

 

 

 

 

お客様「そこまで言ってくれるなら、林さんに任せます。」

 

 

 

私も想いを感情的に話してしまったことと

 

お客様が人生の内、そう何度もない

 

不安もいっぱいの不動産取引を任せてくれたこと。

 

 

 

あとはやるしかありません!!

 

 

 

まさにケツに火がついた状態です。(笑)

 

 

 

その結果、私も自分でびっくりする位、

 

最高の結果で着地して、

 

 

 

当然私も嬉しかったですが、

 

何より、ご夫婦が本当に喜んで頂いたことが

 

今でも鮮明に覚えています。

 

 

今日イーナリンクの社風が出来たのも

 

このお客様との出来事があったからだと思います。

 

 

※誤解しないでくださいね、イーナリンクは

 強引な営業は一切しません、本当ですよ、マジで

 見に来てください!(笑)

 まず最初にすることはお客様のお話をゆっくりヒアリングし

 情報を棚卸して、良いこと、悪いことをすべて

 テーブルにならべて、担当がこれがいい、これはあかんという話でなく

 一緒に考えるスタイルを取っています。

 あの時感情的になってしまったのは若いのもありますが

 ゆっくりお客様の話を聞いた上で

 私の提案は必ず、目の前のお客様のお役に立てる

 自分の中で”確信”が出来たからです。

 でも感情的になるのはダメですね・・・。

 

 

でも取引が終わってからもやはり

 

感情的になってしまったことは後悔していました。

 

 

 

 

でも、また不動産でお悩みが出来た時に

 

私に相談頂いた上に

 

「林さん、あの時怒ってくれてありがとう!」

 

だなんて・・・。

 

 

 

嬉しすぎるわぁ~~~!

 

 

 

確か、不動産業はITが進むと無くなる職業として

 

ランキングされていましたが、

 

昔勤めていた時の社長が言っていました。

 

相手の感情に触れた時、奇跡が起きる。

 

ITに相手の感情に触れることが出来るでしょうか?

 

相手の目を見て、この人の為に

 

何とかしてあげたい!絶対成功させてる!と

 

ケツに火が付くでしょうか?

 

 

 

情報はITで手に入るかも知れませんが

 

人と人との間で担保される”信用”は

 

ITには出来ないことだと考えています。

 

 

 

AI?

 

 

 

 

孫さんに怒られるかもしれませんが

 

少なくてもここ数年でイーナリンクの社員以上に

 

お客様の一番先に聞いて、

 

実直に歩幅を合わせてマンション探しを出来る

 

会社はいない!

 

 

只今23:55、鼻息荒く、申し上げます!(笑)

 

でも”オコ”はダメですね!

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー

カズオのつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です