死闘、WBCそしてチームワーク

皆さん、WBC見てますか?

 

私は、本戦の始まる前の

 

調整試合を何試合かを見て

 

ちょっと見る気が

 

無くなっていました。

 

 

普段も野球をあまり見ません。

 

それは、原辰徳がいなくなってからです。

 

 

打つのか、打たないのか、

 

いつも微妙な感じで

 

ホームランも入るのか、入らないのか!?

 

独特の角度で放物線を描くホームランが好きでした。

 

 

 

 

ご存知でしょうか?

 

 

 

 

死闘に打ち勝ち、原辰徳が

 

バットを中高く、舞い上げたのを。

 

すいません、原辰徳"愛"を語りだすと

 

長くなるので、話をWBCに。

 

 

本戦が始まると予想を覆す

 

3戦目まで負けしらず。

 

どれも本当にいい試合。

 

 

 

4戦目、宿敵オランダ。

 

今日だなって思っていたんですが

 

会社では幹部で来期に向けて

 

こちらも死闘のミーティング。

 

熱い、ミーティングを終えて

 

車に乗ると、おっと、WBC。

 

 

 

八回の表、6対5、日本が1点差で

 

勝っているじゃないですか!

 

思わず車を寄せて、

 

試合に夢中になりました。

 

8回の裏も抑えて

 

9回、則本の顔つき、球足をみて

 

勝ったな。と思いました。

 

 

 

しかし!?

 

 

 

勝負というのはわかりません。

 

まさか、1点取られて、同点。

 

結果、11回タイブレークを制し

 

日本が勝ったんですが、

 

この時点でもう24時、日付も変わっています。

 

なのに、試合が終わって

 

ヒーローインタビューになっても

 

ほとんどの人が帰りません。

 

明日が月曜日、東京の最終電車が

 

何時まであるかしりませんが、

 

選手の粘り、日本を応援する観客。

 

まだまだ日本はいけるなと思いました。

 

 

しかしいい試合でしたね、

 

つなぐべき人がつないで打つべき人が打って

 

9人のピッチャーの継投。

 

まさに「チームワーク」の勝利と言っていいでしょう!

 

試合後の監督のインタビュー。

 

まさに精根尽き果てたみたいな

 

顔つき、口から出てきたのも「死闘」

 

本当に勇気を貰える試合でした。

 

 

イーナリンクも3月決算。

 

買い担当も売り担当も

 

みんなで決めた目標に向けて

 

まさに、死闘。

 

本当によくやってくれています。

 

不動産会社はどちらかというと

 

一匹オオカミの集まりみたいな会社が

 

多いかと思いますが、

 

ウチみたいな会社はたぶん珍しいと思います。

 

当社の自慢はチームワーク。

 

チームワークでさらに

 

お客様にハッピーをお届けできるよう

 

頑張っていきたいと思います!

 

そして

 

頑張れニッポン!

 


カテゴリー

カズオのつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です