予算3000万円の可能性。

 

こんにちは。

寒すぎると思ったら、急に暖かくなったり、

この季節は忙しいですね。

皆様、体調気を付けてください。

 

さて、今、まさに、物件探し中の方。

毎日、新着物件とにらめっこされていることと思います。

 

私も、そうでした。

不動産会社より詳しいくらい、毎日夜中の3時まで、

物件を探していました。笑

 

人気エリアの優良物件は、画面に出た瞬間なくなる、

ということもザラにあります。

 

もしも、夜中に希望の物件が見つかったという時は、

次の日に見に行くくらいのスピード感が大事だったりもします。

 

そんなに焦って決めたくない、

不動産会社に騙されそう、

高額な買い物だから慎重に吟味したい、

 

そうお考えの方もいらっしゃると思います。

むしろ、その考えの方が、当たり前だと思います。

 

以前、築15年以内の物件が見つからない理由

書きましたが、

 

もし、予算3000万円、大阪市西区・北区・中央区、

できれば駅近で検討されているなら、

 

もちろん、築15年以内で、

運良く希望の物件が見つかる可能性もありますが、

 

物件=3000万円 という選択肢だけではなく、

 

物件2500万円+リフォーム500万円=3000万円

という選択肢を検討してみてください。

 

それは、つまり、築年数の条件を緩める、ということです。

 

上手く行けば、同条件で、

物件2000万円(築30年)+リフォーム500万円=2500万円

なんてことも、夢じゃないです。

 

しかも、築年数が古くなればなるほど、

ライバルは減ります。

それも、圧倒的に減ります。

 

ライバルが少ないので、

超優良な、お宝物件をじっくり吟味することだってできるんです。

 

一方、築年数が古くなればなるほど、見極めが大事です。

選択肢を広げて、損することはないので、

是非購入前の今、検討してみてください。

 

築31年のマンション

before

after

 

それでは、また。

 

 

山口 知夏

 

 

 


カテゴリー

中古マンション専門家の日記, 知夏のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です