築15年以内の物件が見つからない理由。

 

こんにちは。
今日は、少し暖かいですね。
洗濯苦手ですが、洗濯日和。笑

 

さて、今日は、マンションの話を。

築15年以内の中古マンションをお探しの方、
条件に合う物件がない、とお困りではないですか?

 

それもそのはず!
衝撃的なデータがあります!!!

 

 

ななななんと!!!
(新築も含めて)、物件探しをしている人の約80%が、
築15年以内で探しています。

 

つまり、築15年以内の物件は、
ライバルが多い、のです。

 

ライバルが多いということは、
特に良い立地の良い物件はすぐに売れてしまうので、
ウェブ上には載っていても問い合わせたらない、とか、
そもそも水面下で決まっちゃっている、とか、
即決しないと買えない、とか、

とにかく、なかなか購入できないケースが多いです。

 

一方、築25年以上を希望する人は、全体のわずか6%。
つまり、ライバルが少ないのです。

 

築25年以上で、好立地で優良マンションですが、
築年数が古いだけで、残っているというケースは結構あります。

 

何を優先するかは、もちろん人それぞれですが、
じっくり吟味して決めたい、という方は、
築25年以上の優良マンションも視野に入れてみてください。

 

※ 築古マンションは、管理状態の悪い“ワケあり”物件も多いので、
 見極めが大事です。

 

 

それでは、また。

 

 

 

山口 知夏


カテゴリー

中古マンション専門家の日記, 知夏のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です