MENU
line
ファイナンシャルプランナー 高田 充史のブログ

損しない節約術~通信料金を見直そう!【不動産購入その前に】

shutterstock_143823979

中古マンションの売買のことならお任せ!

㈱イーナリンクのファイナンシャルプランナーの高田です。  

 

今回は不動産を購入いただく前の

通信料金の見直し

についてです。ローンを組む前に抑えるところは抑えたいですね!

UNI_MONV15002722

 

ここ数年格安SIMカードが普及し始めて、

大手通信会社の値下げ競争の過熱し

携帯の通信費用はどんどん安くなっている状況です。

ユーザーにとっては嬉しい流れなのですが、

 

 

 

選択肢が多過ぎてよくわからない・・・

 

 

 

そのような方にわかりやすくまとめてみようと思います。

 

「通信費を少しでも安くしたい」

 

とお考えの方は参考にしてください。

 

携帯大手3社の

『スマホ新料金体系』に大きな変化

 

今までのスマホの料金プランは、インターネットは使い放題で、

通話は自分と同じ携帯会社以外の人にかけると通信費が大きくかかる、

といったものでした。

 

 

しかし今年の夏の携帯大手3社の新料金プランでは内容が大きく変わりました。

各社とも

 

「通話定額料金」

「インターネット量に応じた料金」

+「300円のネット接続料金」

 

という形になりました。

 

まずは、

「通話定額料金」

の面の比較です。

 

これまでは他社の携帯電話や固定電話に掛けると発生していた料金も、

今回の新プランでは

 

全て通話定額

に含まれます。

 

 

定額の料金設定は3社とも全く同じ。スマホなら「2700円/月」です。

こうした通話定額制の新料金プランは、通話時間も通話回数も無制限でしたが、

基本料2700円(税別)というやや高いものです。

 

 

1台持ちの通話も多いヘビーユーザーにとっては割安ですが、

通話はほとんどしない方向けにはやや割高。

 

 

・・・ということでiPhone 6s / 6s Plus発売日の発売日となった9月25日より

3社が新たな料金プランをリリースしました。

 

 

docomoが「カケホーダイライトプラン」

SoftBankは「スマ放題ライト」

auは「スーパーカケホ

(電話カケ放題プランS)」

それぞれ発表しました。

 

 

それぞれ月額1700円の基本料金で使用できる新料金プランで

1回あたり5分以内の通話料が無料

 

となります。回数制限は無し。

 

shutterstock_143823979

5分超過時は、30秒ごとに20円の通話料が発生。

家族同士の通話は5分超過後も無料です。

通話時間が短いユーザーにとっては、いい選択肢となりますね。

 

つづく・・・


カテゴリー

高田のつぶやき

イナっちこんな会社が運営しています
お問い合わせはこちら 0120-976-466
  • 安心できる個別相談はこちら
  • ためになるセミナーはこちら
  • 耳より情報満載のメルマガはこちら

社長・林のブログ
LINE@の詳細はこちら
イメージキャラクター・イナっちのブログ

イーナリンクのスタッフ

大阪市の中古マンション専門不動産屋さん
株式会社イーナリンク
大阪市中央区農人橋1-4-31 AXIS谷町ビル4階
宅地建物取引業 大阪府知事(2)第54678号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINE@