不動産屋さんの秘密

”不動産屋”というワードを聞いて
皆様はどういうことを連想されるでしょうか…。

だまされそう。

怖い。

そんなダークなイメージを抱く方も
少なくないのではないでしょうか?

実際、不動産業界の内側から見ても
残念な、言動行動を見たり聞いたりすることも少なくありません。

その原因は、

■情報がブラックボックス化していること。
(消費者からは実に不透明で不自然。)

■業界の特性上、不安定な給与形態
(固定給は少なく高率歩合制、フルコミッション制なども少なくない。)

などの理由もありますが
そのすべての根源は、両手取引という
不動産業界の悪しき慣習なんです。

両手取引とはその名の通り
不動産取引の仲介をする不動産会社が
売主と買主の両方から仲介手数料を受領する取引を指します。

この取引が非合法なわけでなないのですが
不動産の売却を受託した不動産業者は両手取引、つまり
自社で買主も探し、売主と買主両方から仲介手数料を
得ようとするのです。

結果、弊害として
不動産会社は売却物件を囲い込みをするため
圧倒的に売り物件情報の露出が少なくなるため
買主は新鮮な売り物件得ることができず

売主に取っては限られた販売チャンネルからの
集客された買主とした接触出来ず

市場の原理が働くことなく
最悪の場合は、安値で売買をすることになることです。

さらにもっと怖いのは
その正確な情報はブラックボックスに包まれ
素人である売主や買主はその情報や現状を
知るすべがないということ
なんです。

その結果、当然すべての不動産会社ではないですが
心ない一部の不動産会社の為

ダークなイメージを連想する現況になっています。

そんな中いい中古マンション探しをする秘訣は

やはり、です。

不動産はネットでは購入出来ません。
そして素人では分からないこともたくさんあります。

信用出来て真摯に行動、情報提供してくれる不動産会社や担当者を探し
よくコミュニケーションを取って
いっしょに物件探しをしていくことが
成功への一つの条件になるかと思います。