予算の決め方

中古マンション購入を検討する方で
「ご予算はいくらくらいですか?」
「2000万位です」
「どうして2000万円位なんですか?」
「いや、なんとなく…。」

という方が結構います。
無理もありません。
現金で購入する場合は別ですが
大体の人が住宅ローンを組んで中古マンションを購入します。

自分の年収と自己資金でどれだけの住宅ローンが適正か?
どれくらいなら住宅ローンを組めるのか?
2000万円住宅ローンを組めば月々の支払はいくら位なのか?

これについて理解していない方が多いですね。

お勧めの方法は
まずご家族で将来の設計をお考えになって
月々捻出できる住宅費をいくらに設定するか?
今、住宅購入に充てる自己資金をいくら捻出できるか?

それからの逆算で住宅ローンがいくらまで組めるかを求めることを
お勧めいたします。

例えばご主人35歳 年収500万円 奥様30歳 年収300万円
貯蓄500万円 今回の住宅購入に充てる自己資金300万円

お子様が産まれて奥様が育児に専念することを
考えてご主人様の年収だけをあてにすることにします。

お話し合いの上、住宅費は月々10万円に抑えたい。

月々100,000円 - 20,000円(管理費積立金)=80,000円
80,000円 ÷ 2857(住宅ローン100万円当たりの係数)× 100
=2,800

2,800万円 + 300万円(自己資金) - 200万円(諸費用) = 2900万円

つまり、月々10万円にする為、逆算したこのご夫婦の中古マンション購入予算は
2,900万円になります。

参考にこの場合、返済比率(ご年収に対する年間住宅ローンの比率)は
(80,000円×12か月)÷ 500万円 = 約19%

理想的な返済比率ですね。
通常は25%位までをお勧めいたしますし
家計のことを考えると30%以内に収めたいですね。