現地確認チェックリスト(準備編・重要編)

立地条件を決める際に便利なチェックリスト!
下記項目はマンション見学時に必要と思われるチェック項目を抽出してみました。
是非こちらを参考にチェックしてみてください。

現地確認チェックリスト(準備編)
1
見る・計る・調べる(実際にご自身で確認しましょう)
2
見学は全員で(全員同時でなくてもみんなが見る事で、意見がまとまりやすい)
3
カメラ(できればデジカメ。後から編集がしやすいので・携帯カメラでも可)
4
メジャー(持っていきたい商品が収納できるかの確認用)
5
メモ用紙とペン(事前に持っていきたい商品の寸法を書いたメモ。タンスや冷蔵庫等)
6
方位磁石(あれば便利。南向きと書いてあってもずれていたりする)
7
地図のコピー等(書き込むと後で確認できるので便利)
8
スリッパ(空室を見学する際に便利。通常は担当者さんが持ってこられます。)
9
見学日時の連絡(できるだけ前もって希望日時を連絡しましょう)
10
現地(初めて行く場所なら下見をお勧めします)
11
居住中の場合?(お住まい中のお部屋もご見学頂けます)
12
手土産(必要ございません)
現地確認チェックリスト(重要編)
1
管理費(前所有者に滞納が有ると払わされることもあるので注意)
2
修繕積立金(妥当な金額か、安過ぎると後で別途請求されることも)
3
管理規約(共同住宅のルールブック内容は見ておきましょう。ない事もあります)
4
管理人さん(勤務状態が週1度の場合もある。真面目で親切な方がいいですね)
5
管理会社(管理棟数が多い方がトラブル対処事例も豊富)
6
建築確認(昭和56年6月以降の建築確認か。建築基準法の海底で耐震基準が見直された)
7
修繕計画(長期計画はあるのか。過去の修繕履歴は。マンション価値にも影響する)
8
ペット(規約で数・サイズなども決まっていることが多いので、注意)
9
口コミサイト(意外な事実が分かることも)
10
駐車場(空きがない場合近隣でも確保できそうか)
11
単車置き場(意外と空きが少ないので注意)
12
リフォーム時の規約(オール電化やお風呂の追い焚きが設置できないことも)
13
間取り(上下階で間取りが違うと生活音も違う)
14
家族構成(隣人の家族構成も分かる範囲で教えてもらいましょう)