リフォームローンの組み方

中古マンションを購入してリフォームも一緒にする場合
少し前ではリフォーム工事費は現金で用意するか
金利が高いリフォームローンを組むのが一般的でした。

しかし中古市場の活性化に伴い、すべての金融機関ではありませんが
リフォームローンが住宅ローンと同様の条件で
借入することが可能になってきました。

そのリフォームローンも様々で
住宅ローンといっしょの金利条件で組めるもの
住宅ローンとリフォームローン条件が少し違うもの
リフォームローンの上限が決まっているもの
リフォームローンの上限がなくリノベーションなどの高額の工事費用も融資してくれるもの。

各銀行で種類は様々です。

しかし、一つ注意点が。

リフォームローンを事前審査する場合
必ずリフォームの見積もりが必要になり、住宅ローン本申込み時には
リフォームの請負契約書が添付資料として必要になります。

中古マンション購入は不動産会社。
リフォームはリフォーム会社

実はこの両社は相対する関係にあり
不動産会社は基本的に早く物件を決めてもらって早く契約したい。
リフォーム会社は出来るだけゆっくり施主様の意向をヒアリングし
きっちりとした提案見積もりを出す為時間をかけたい。

お客様はこの両社の板挟みになりストレスになり場合が多いのです。
実際不動産会社はリフォーム前提のお客様を敬遠する傾向にあります。

リフォームローンを組む場合、一連のスケジュールの把握と
各会社に理解してもらうこと。

または理解してくれる不動産会社を選ぶことが大切です。