リフォームのミス

中古マンションを購入してリフォームまたはリノベーション。
そんな選択肢を検討されている方も
数多いのではないでしょうか?

または逆にコスパ(コストパフォーマンス)を重視して
とりあえず、奇麗に壁紙と最低限のキッチンなど
住宅設備機器の交換補修だけするなんて方もいると思います。

別にどれが絶対いいとかわるいでは
ないのですが、
住んでからではなかなかリフォームすることは
難しい
ですし、引越してから

失敗した!
やっぱりしっかりリフォームすればよかった!
お金掛けすぎた!

などということがないよう事前に考えてみましょう!

まずはリノベーション。
最近はリノベーションということばが
一人歩きしている感もありますが

好みのライフスタイルや空間、デザインがあって
どうしてもこだわりたい!

なんて人は是非挑戦してみてください!

リノベーションは中古マンションをいったん
スケルトンにしてしまい、
多少の水回りの位置などの制限はあるものの

フローリングの素材や壁紙または
壁紙にこだわず、壁をペンキで塗ってみるなど
まさに自分の好みの空間を手に入れることが出来ます。

反面、リノベーション工事には多額の費用がかかります。
基本現状の関西圏では個性的にリノベーションされた
物件はもし転売する時に工事費に見合う
売買価格になることが少ないです。
つまり高く売却することは難しいです。

理想を叶えられるメリット
詳細設計も含めたデメリット面を考慮して
自分にベストな選択を考えてみましょう!

リフォームも一言に言うと簡単ですが
必要最小限に押さえてコストを抑えてみるものもあれば
リノベーションほどコストを掛けず
優先順位を決めてリフォームするものもあります。

大切なのは居住してからでは
なかなか出来ない
ということと
長い目でた費用対効果があるかということを
ただ何となくでなく自分もしくは家族と
事前に考えてみることも大切です。