リフォームプラン

a:事前におおまかな生活スタイルや動線のイメージをしておく。
  また、必要な部屋数や収納スペースを把握しておく。
  →解体する必要のない物(壁等)など、残せるものは残して、リフォーム工事金額を抑える。

b:マンションでは一戸建と違い、触れない箇所(共用部や構造物等)が多数あるので、
  物件現地でアドバイスをしてもらうのが良い。

c:部屋のイメージを的確に伝えるなら、雑誌の切り抜きやネット画像等を見せるのが良い。
  但し、大まかなイメージを指示し、細かい収まり等は施工店に任せる方が良い。
  →細かい所までこだわると、全体のイメージを損なう事や、
   工事金額が思っている以上に膨らむケースがある。