中古マンションの購入方法

いよいよ色々と準備して比較検討し
このマンション、購入しよう!と決めたあなた。
これでゴールではありません。

なぜならそのマンションはきっと
立地、価格、その他条件において
魅力的な物件であることは間違いないでしょう。

ということは
そのマンションを他の皆さんも狙っているということです。

ですのでその準備をしておくことが大切です。

大阪の不動産仲介の慣行では

買主「買います!」
売主「はい、ありがとうございます。
   では物件を止めます。」

新築マンションの場合はこれで物件を
止めてくれることが多いですが
中古マンションの場合にはそういう
訳には行きません。

もちろん現金で購入する場合は別です。
文句なしで先着順でズバッと物件を止めることが出来ます。

しかし住宅ローンを使って中古マンション購入する場合は
まずは資金計画を決定し
その住宅ローン事前審査の承認を得ることが出来て
初めて物件を止めることが出来るのです。

この準備をすることなく
あたふたしているうちに物件がなくなることもあります。

折角見つけた理想の中古マンションを確実に
手に入れるため、事前の準備が必要です。

まず住宅ローン事前審査に必要ものをご案内致しましょう。

(会社員)
・源泉徴収票(直近3年分あればベスト)
・運転免許証(ない場合はパスポート)
・健康保険証
・借り入れ明細(カードローン等あればその明細)
・職歴書(勤続年数3年未満の場合)
(自営業)
・確定申告書控え3期分
・運転免許証(ない場合はパスポート)
・健康保険証
・借り入れ明細(カードローン等あればその明細)
(会社役員)
・源泉徴収票(直近3年分あればベスト)
・決算報告書3期分
・運転免許証(ない場合はパスポート)
・健康保険証
・借り入れ明細(カードローン等あればその明細)
・職歴書(勤続年数3年未満の場合)

上記の書類が最低限必要になります。
各自の事情で追加の書類を求められる場合がありますが
すべての書類が揃えば住宅ローン事前審査は3日前後で
結果が出ます。

さらにリフォーム・リノベーションを検討し
その工事費用も住宅ローンを検討の場合
さらに工事の見積書が必要になります。

大抵の場合リフォーム・リノベーションの見積もりには
1週間~2週間前後掛かりますので
この場合はさらに大変です。
中古マンションリフォーム・リノベーションを
検討されている方は不動産会社とリフォーム・リノベーション会社
別々にするととにかく早く契約したい不動産会社
しっかりお客様の話を聞いてしっかり提案したいリフォーム・リノベーション会社
との相対する意向に板挟みになりストレスを
感じることも少なくないでしょう。

それぞれに理解のある体制で
専門の担当者がいる会社に最初から相談することが
大切かもしれません。

住宅ローンにちょっと不安がある方は
ほとんどの不動産会社で無料で住宅ローン事前審査を
してもらえますので相談してみましょう。

そして確実に狙った中古マンションはゲットしましょう!