ブログ


ホッチキスは一つでいい。

12月が近づき、コロナがまた忍び寄ってきましたね…。

でもイーナリンクは元気です。

 

というのは!?

 

中途採用・新卒採用

 

とリクルートに力を尽くしました!

それはコロナがどうとか、

私自身も気分が落ち込んだりしましたが

みんなが下向くとき!

上向こう!

悩んだあげく、そう思いました。

 

そして上場を目指そう、理念やビジョンに

共感してくれる優秀な人材がいる!

実に単純です。

 

無謀にもたった6人の会社が

大手がひしめく中、合同説明会の会場で

「未完成を楽しもう!」というテーマで

 

中途採用ではマイナビに

こんなブログを書いて

リクルートを始めました。

 

コロナ過、当社みたいな弱小の会社が

成長を目的に人材募集をするには

これ以上最高のタイミングはないと

思ったからです。

 

 

そして…。

 

 

どえらいことが起きました!

まず中途で素晴らしい2名が入社してくれました。

 

岩倉君

 

 

星尾センパイ

 

が入社してくれたのです。

マイナビに掲載させて頂いて1か月で

当社みたいな弱小会社にも

約30人のエントリーがありました。

 

全員と面接をすることはできませんが

その中にもいろんな人がいました。

 

でもこの2名は別格です。

岩倉君に関してはコロナ前まで

命を燃やして大手飲食業でてっぺん目指していたとびっきりの人材が

コロナ過、あっけなく状況は変わり

さらに命も燃やせる仕事はないかと色々と探した結果

当社のホームページ、私のブログにたどり着いたそうです。

 

そして、応募のメッセージからも私の中でも

何か感じるものがあって会ってみると

「イーナリンクさんに入れてください!」

実にストレートな若者です。

 

でもただの頭のいい若者ではありません。

当社ではいきなり物件を提案するのではなく

まずは個人面談をして相互理解と

大事な「お金」の話をして、その結果

ちゃんと「買わない」という選択も

お客様に持ってもらうようにしています。

絶対勝った方が良いなんてこちらの都合ですので。

 

そして当たり前のことですが、物件内覧の時に

いい部分もあれば、悪い部分もある。

その両方をちゃんと情報として伝えて

ジャッジをするのはお客様。

だから正確な情報を伝える、だた当たり前のことを

やっているのですが、岩倉君は前々職では

かなり強引な営業活動を強いられる会社いたそうで

Noだと思っている事をYesと言い換えて営業していたそうです。

そして当社の営業を研修で同行した時に

 

 

「自分が本当に良いと思っていることを嘘を付かずそのままお客様に伝えることができる!」

 

 

と鼻息荒く嬉しそうに私に言うのです。

なんてピュアで誠実で人間味のある人間だと

本当に素晴らしい人物がチームの仲間になってくれた。

そう思いました。

新卒の合同説明会にも全員に一切の手抜きをせず向き合い全力で

一生懸命、学生の目を見て

「自分が学生の頃を思い出してつい熱くなっちゃいました。」と笑いながら

自分がなぜイーナリンクに入ったか

なぜ、イーナリンクは選ばれるのか

イーナリンクをこうしたい!

スゴク、スゴク熱く、学生に語る姿を見て

私も心が熱くなりました。

 

 

星尾センパイ(65歳)についても

正直エントリーしてくれる方も私より年上は

面接もしないことが多いのですが

星尾センパイの履歴書は肩書とはでなく

人間性を醸し出すものがあって

「会ってみたいな。」

何故かそう思うことができました。

 

お会いしてみると、一言で言うと

聡明というか真実に向き合う素直さというかなんというか

詳しくは書きませんが前職ではスゴイ実績を持っている方なのに

でも退職した後はそんな肩書、屁のツッパリにもならんと

第二の人生は不動産のプロとなると決めて

手帳に何月何日、●●試験合格!と目標を定めて

その逆算から宅建はもちろん、不動産系の資格を

1年でストレートに数々合格し、当社に入ってくれました。

 

65歳ですが心と行動は20歳台。

誰よりも早く会社に来て、

まずはおそらく帰ってからその日に研修で学んだことを

ノートに細かくまとめ、また朝来た時に

そのノートを広げてさらに落とし込む。

そして誰よりも元気で誰よりも行動が早い。

 

去年入社してくれた若干22歳の松井君に

「松井さん、●●が終わりました、次は何をしたら宜しでしょうか?」

と謙虚に行動できる素直さ。

 

私が一番感動したのが

当社は物件の写真撮影を一眼レフカメラで

ちょうど綺麗に撮影する為に地上から約110センチの高さで

撮影しているのですが、そうすると中腰になる必要があります。

 

弱音を絶対に吐かない星尾センパイですが

膝に持病があるらしく、

すごく申し訳なさそうに、背中を丸めて

「社長、すいません。この写真撮影だけは膝が悪くできません。他のことは精一杯がんばります。」

と言ってくれた、その翌朝です!!

いつもの元気な星尾センパイの声で

「社長!!私、写真撮影もできます!」

と本当に少年のように笑って嬉しそうに言うのです。

 

事情を聴くと、よっぽど悔しかったのか

色々と考え、たたむと簡単にコンパクトにできるイスをネットで探して

これに座れば中腰もでき、写真撮影もできるというのです。

 

もう、私たちは何も言い訳はできません。

できません!!!

できませんよ!

 

最高の朝、でした。

感謝。

 

新卒採用はまだ確定はしてませんが

本当に素晴らしい若者に出会うことができ

何とかチームに入ってもらうことができれば

もう、上場が視野に入ってきました。

少なくても私の気分は上々です。

 

 

…。

 

 

 

はい!

てなことで人も増えてきて

事務所スペースが狭くなってきたので

有効的に使える机の配置などを考えるとき

ある社員が「ホッチキスの針」貸してって言ったんです。

ホッチキスなんて滅多に使わん。

一つでいいのに全員が滅多使わないホッチキスを人数分持っている。

都構想?二重行政?

一つでいいやん!

 

 

そして一つしかないホッチキスを

貸して!って言えるコミュニケーション増やそう!

 

 

ということで当社の事務所は

いわゆるデスクは撤廃し

フリーアドレス化することにしました。

これがパース案です。

 

これで滅多に使わないホッチキスは

一つでいいのです。

モジモジしないで

 

「ホッチキス取ってー。」

 

こんなどうでもいい、

でもこの小さなコミュニケーションが

チームを強くすることができると思うし

 

「毎日違う場所に陣取る」

 

というルールを作ることで

今までは距離があったAさんとBさんの

コミュニケーションは増える。

毎日違う場所と毎日違うメンバーと席を並べる。

 

まだ工事はこれからですが

ワクワクしますね。

 

コロナが来なかったら

100%この決断と結果はなかったと思います。

でもコロナは怖い。

12月、気を付けないとですね。

みんなで使うホッチキスもしっかり消毒です。

 

 


上場します!

声に出すことにしました!

行動することに決めました!

 

実は(だれにも言わなかったけど)

心の中で思っていました。

会社を成長させ、株式上場したい。

でもそんなの無理だと思っていました。

 

でも無理だと思うことをやめて

上場することに決めました。(2031年)

 

これは出来る出来ないでなく

2031年に上場することに

私、林 和男が決めました。

勝手に。(笑)

 

コロナの最中、色々考えました。

選択肢は大きく3つです。

 

事業収縮、

とりあえずペンディング、

アクセル全開、

 

恐らくですがコロナがこの先どうなろうが

人々はそれぞれの私利私欲の中、幸せを求め

企業とサービスはしのぎを削り

時代は変化する。

 

何も考えず

留まっていては留まっていても気づいてはなくても

実は下りのエスカレーターに乗っている状態で

実は”今”この瞬間より、事態が良くなることはない。

成長と変化を恐れず、

おいしくて楽しそうなチーズを追い求め、追求し

自分たちを最適化していかなければならないし

どの道、そんなに頭の良くない僕が

楽していっぱいお金を稼げるとすれば

今までやってきたように

頭から煙が出るほど考えて

股ズレするほど走らないといけないのは

変わりない。

 

やったら、同じ股ズレするんやったら、

ただ、漠然とした不安を抱えて

忙しさに反応して、

「自分は頑張っている」

と一日の終わりに自己満足という缶ビールを飲む自分より

 

 

より素晴らしい、仲間をチームに向かい入れ

一緒に明確で鮮明なビジョンを追いかけ

”みんな”で煙が出るまで考えて

”みんな”でまたズレするまで走る方って

社員旅行でワイハー(ハワイ)いって

ビールかけして、

「栄光の駆け橋」

をみんなでソーシャルディスタンスも忘れ肩を組み、

ビールが目に染みるのか、

嬉し泣きなのか、

 

 

「お前、泣いてんのか!?(ぴよん)」

「あほか。泣いてないわ!、ビールが染みるだけ。(ぴよん)」

「おいおい、社長見てみい、号泣してるぞ、鼻水でてるぞ!(大泣き)」

「お前もな(涙笑)」」

 

どうせやるなら、

こんなこと夢見て、ニヤニヤしながら

朝は眠たい目をこすりながら起きて

現実を求めた方がオモロイやん!!って。

絶対オモロイやん!!って。

そう思ったので決めました。

そしてそう決めると、自然に逆算が始まります。

 

 

2031年 東証マザーズ上場

業績を上げる

価値ある商品を提供し顧客や社会に貢献する

価値ある商品を創造する。

マーケディングし、営業する。

理念とビジョンに共感する仲間がいる。

 

というわけで、

中途採用をすることにしました。

2021年には最低でも新卒を2名採用。

今、私入れて6人、

今回の中途採用をいれると10人になりますが

まだまだ足りない、

ポストがら空きです。

役員も必要です。

これはやばい!

でもオモロイそう。

 

でも難しく考えなくてもいいと思ってて

どんな時代になっても

実はシンプルで

 

 

人は誰でも幸せになりたいし、

盲目的にその手段を探している。

そしたら私たち企業は

人の幸せや喜びにつながる

サービスや商品を創造し

マーケディングして

お客様がお持ちのお金という”価値”と

私たちが提供するサービスや商品という”価値”と

交換する。

大昔に祖先がやっていた物々交換と同じである。

 

 

でも私たちは努力を怠ってはいけない。

頭から煙が出るほど考え、マーケディング。

しっかりと検品する、ロープレ。

しっかり包装紙に包む、おもてなし。

 

あと、当社の目的・理念は一言で言うと

「貢献」

です。

不動産を売ったり買ったりリフォームしたりと

これらは手段であって目的ではない。

時代とニーズと私たちが創造し提供できれば

 

IT

飲食

農業

 

等々、手段はいくらでもあると思いますが

いずれにしても情熱を持ち、優れた人材が必要です。

 

自分が幸せになる為、自分の家族を幸せにする為、

しっかりと情熱をもって努力という”対価”を支払う用意がある人。

仕事を楽しめる人。

チームを大切にする人。

創造的である人。

ただただ、人の笑顔が源泉である人。

いっちょやったろかー!と決めた人。

常識や慣習ではなく、真実と向き合える人。

 

全部なくても、何個か被る人、

是非、私に会いに来てください。

一緒に上場の鐘を鳴らしましょう!

そして一緒に歌いましょう、声高らかに

涙の栄光の架橋を。。。

 

共感してくれた方がいらっしゃれば

是非、お会いしましょう。

エントリーはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


LIXIL不動産ショップに加盟致します。

先日事務所に瀧本美織さんの

等身大パネルが届きました。

瀧本美織さんご存知ですか?

私はもう何年になるでしょう?

朝ドラファンで20年近く見続けていますので

当然知っています。

朝ドラ「てっぱん」のヒロイン 瀧本美織さんです。

 

私は朝ドラが好きでして。笑

一番好きなのは「ちゅらさん」です。

ちゅらさんに出てくる平良とみさんという

おばあさんの愛くるしい演技、

隠れて山田孝之の演技もすごい好き。

 

ほんで地味に「ごちそうさん」も面白かったですねー。

ごちそうさんのヒロイン杏さんの妹役だった

高畑充希がヒロインになった

「とと姉ちゃん」の高畑充希が演じた

あるシーンの迫真の演技は今も忘れません!!

 

そんな話はいいですかね…。

最近までやってた「スカーレット」ヒロインの

戸田恵梨香のめちゃめちゃキュートなシーンの話とか

もいいですね…。

もし聞きたかったら個別にご連絡を。

 

 

さて、本題に入りましょう。

当社は9月より”リクシル不動産ショップ”

に加盟することになりました!!

加盟の理由は色々ありますが

とにかく入りました。

 

目的は当社理念である

「今、目の前にいる人に深く貢献する」

それをより実現するために加盟を決めました。

 

創業したころは絶対フランチャイズには入らん!

自社でブランドつくったんねん!

って思っていましたが、

つまらぬ意地は捨てました。

 

お客様や社員、そして大きな意味で

社会にイーナリンクが貢献していくことを

優先するときに、成長していく過程で

合理的に考えて加盟を決断しました。

 

入ったら入ったで全力で

LIXIL不動産ショップのブランドを使いまくります。

リフォーム・リノベーションを提供する当社は

LIXILブランド力や提案力をフルに使い

これからもお客様への貢献を

追求していきたいと思います。

 

そうそう、追求と言えば

日清チキンラーメン創業者の奮闘を描いた

朝ドラ「まんぷく」は最高でした。

諦めない心、

どうしても実現したいことへの情熱、

そして感謝。

朝ドラの話はもういいですね…。

今やっている、「エール」のヒロイン

二階堂ふみの演技がヤバイのもいいですね…。

 

さて、灼熱の8月も終わり、9月が始まります。

コロナ問題で出口が見えない不安はありますが

逆に言うと当社で言えば

コロナ問題がなければ

リクシル不動産ショップに加盟することも

ありませんでした。

 

平穏無事な時には考えも及ばないことも

経営者として考えました。

ベストを尽くし、どうしても実現したいことを

追求する。

社会で一員である以上、

営利団体企業である以上、

価値を創造、提供し

社会に貢献しなければ

淘汰される時代です。

大変厳しい時代だと思うと同時に

いい時代だとも思っています。

ピンチをチャンスに、

下を見ず、上を見て

このトンネルがいつか必ず抜けて

最高の景色が見えることを信じて

がんばって行きたいです。

 

 


2020年、年始のご挨拶。

皆様、明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2020年、令和2年がついに幕を開けましたね。

 

2020年日本はどうなっていくのでしょうか?

経営者として気になるところです。

孫さんや柳井さんは「日本は終わった」みたいなことを

言われますが、終わったというより

戦後復興、ものづくり日本で製造業が盛り上がり

一瞬良くなっただけで、

元に戻っていく感じでしょうか、

つまり、耕して種をまき

育てて、刈ることしか出来なかった

でもそれが得意な農耕民族が

要するに調子に乗っていただけ、

元に戻っていくだけ、

そんな風に思います。

 

これからは産業革命よりも大きな変化が

起きると思うし、クリエイティブな

サービスや革新的商品を作れる思考や体質がない

国はどんどん衰退していくと思うし

日本は決してクリエイティブな思考や体質では

ないと思います。

 

いちばんの問題は日本の宝である

国立大学や関西でいうと関関同立みたいな

頭のいい学生が

”安定”

を求め本当にやりたいことを求め探さず

もちろん大志を抱き公務員になる学生は別ですが

一見安定しているように見える、

公務員に目指してしまうことではないでしょうか?

 

本気でやれば仕事ってメッチャ楽しいのに

悲しいかな、日本全体の虚無感

いわゆる夢のない状態です。

 

けど反対に言うと、日本人は真面目で

創意工夫、改善をどこの国よりも

実直にできるというか発想力はないが

改善力があるし、日本の新の魅力は

”文化”だと思います。

まあそんなことはさて置き、

 

日本や世界がどうなろうと

イーナリンクは社会の器として

成長を続けることから目を背けてはいけません。

 

2019年は大きな挑戦として

新卒採用に取り組みました。

就職戦線の終わりの終わり、

12月の合同説明会から

参加したのですが、我々なりに

考えた戦略で挑み、

合同説明会参加企業で名のある参加企業があるなかで

数多くのエントリーを頂き

会社説明会にも参加してもらいました。

 

希望や不安を頂きながらがんばる

学生を目の前にすると本当に

社会人として意識が変わります。

 

このうち最終エントリーで

何人の方を迎え入れることができるか

分かりませんが向かい入れて一緒に成長し

絶対に成功させたいと思います。

 

話は変わり、ドラマの話ですが

「ノーサイドゲーム」

もかなり良かったですが

「グランメゾン東京」

良かったですね!

 

 

自分のオトンの時代が

「あの夕日に向かって走れ!」

森田健作だったように

※しらんけど。

 

僕たちの時代は

「キムタク」

一色です。

特に好きなのは

  • 若者たちのすべて
  • ロングバケーション
  • ラブジェネレーション
  • プライド
  • 華麗なる一族

例外なくキムタク好きの私としては

スマップ解散騒動以降のキムタクは

なにか、自信を無くしたというか

精彩を欠く感じがしていました。

もう、終わってしまったのかと…。

 

でも!

 

グランメゾン東京で

帰ってきました!

キムタク兄さんが!

なんかドラマも良かったですが

人が自信を無くしたり

挫折して戻ってくる復活劇、逆転劇

ロッキーみたいな展開が好きなんですよね…。

 

「グランメゾン東京」の内容もまさにそうでした。

一度は栄光を得て、失脚し挫折したシェフ。

けど諦められずジタバタする。

でもプライドとか経験のせいで

変わることが出来ず悪循環。

 

でも絶対諦められない夢をもって

きっかけを常に探し

神様が些細なきっかけをくれて

しっかりと受け取り繋ぎとめる。

 

その復活、逆転劇の鍵は

私なりの解釈ですが

勘違いしてた時、

いちばん普遍的だと思っていた価値観に

少しの変化もしくは180度違う変化。

その変化を自分で認知して

認めたくないけど、認めること。

気づくこと。行動すること。

 

そしてやはり、信じあえる仲間の存在。

これをドラマやんって終わらすのではなく

自分の人生もドラマにしたいな

そんな風に思いました。

 

手始めに、この約10年

ずっと同じ美容院で

いつも同じ席に座って

ずっと同じ兄ちゃんに

「今日はどうされますか?」

と聞かれると

「いつもの感じで」

この10年間ベッカムヘヤー風髪型以降

同じ髪型だったのですが

 

兄ちゃん「今日はどうされますか?」

カズオ「パーマ」当ててみようかな…。

兄ちゃん「えっ…。」

 

パーマを当てました!

※だれも気付いてくれませんが…。

 

パーマはさて置き

そんな仲間と文化を育み

いい意味で言えば安定、

悪い意味で言えば鳴かず飛ばずだった

状態を脱却し

 

 

逆転

 

 

を自分たちの力で

実現したいなと

こたつに足を突っ込みながら

思うのです。

 

住宅の形や価値観ももしかして変わり

所有するとか賃貸とかの概念が

選択肢が増えて

”シェア”とか

”間借り”とか

価値観も形も変わるかもしれません。

 

でも絶対に人は家に帰ります。

人はより良いサービスを求めます。

これは変わらないと思うので

 

厳しい時代だとは思いますが

淘汰されるのではなく

20%を目指し成長を続けます。

 

それと今、

書いてて思いましたが

 

真面目か!笑

 

このブログ、オモンナイですね…。

落ちを探し求めてダラダラと文章を書きましたが

2020年初頭から、迷子になりました。

今日はオチ、ありません! 

すまん!

以上!

 

2020年ブログはオモシロ求め

ブログを書いて行こうと思います。

 

 

 

 

 

 


一回しか言わねえぞ!

突然ですが、

明日はイーナリンク創業以来、

初めての新卒合同説明会

マイナビ就職セミナー@梅田スカイビル

参加することになりました!!

 

決まったのはつい、1か月前。

ある人と会社の将来を

真剣に語り合っていた時に

 

顔を合わせて

会社経営って

やっぱり

 

”人”

 

それ以上でもそれ以下でもない。

うん、

おー、おー。

そう、

新卒やな。

 

 

ってなったんですけど

その人と私が違ったのは

 

そうと決まった以上

私は20卒を狙いに行くところです。笑

 

私は高卒です。

合同説明会も体験したことないですし

最近の新卒強奪最前線も知りません。

前にいる人は21卒からだと思っていたらしい。笑

 

そんなの無理って

相手は言いましたが、

そんなん知らん!

無知ってすごいですね。

なんとかギリギリエントリー間に合って

急ピッチで準備も間に合って

新卒採用の為のリクルートページ

リクルートパンフレットも

作成できました!

協力頂いた、協力会社の方々

本当にありがとうございます。

 

そして社内でもなぜ今、

イーナリンクにとって

新卒採用が必要なのか

業務で忙しいん中

話し合いました。

そこでできた2020新卒採用テーマは

 

 

 

「未完成を楽しもう!」

 

 

 

 

見てください。

今回の合同説明会参加企業を!

大体、聞いたことあるような

大きな企業ばかり。

 

イーナリンクは私を含め

5名の会社。

 

 

誰が来んねん!!

 

 

そう思いますよね、

色々と未完成です。

その未完成具合は半端じゃありません。笑

 

でも私は明日、将来必ず

成功を祝い、酔っぱらって

肩を組んで、私が大好きな歌

 

「栄光の架橋」

 

を一緒に大声で、

涙と鼻水垂らしながら

唄ってくれる仲間がいることを。

 

この未完成、解釈を変えれば

伸びしろしかないの会社。

そしてこれから5G、AI、ダイバーシティ

激変する世界、価値観、常識の中を

理念である「貢献」だけを追求し

価値を創造し、追求し

提供することを諦めず、

何より自分自身が

 

”楽しんで”

 

目の前の人に惜しみなく提供する。

一緒に楽しみながら

歩んでくれる人が絶対いる。

私は信じています。

 

信じてんでぇ!

一回しか言わねえぞ!

あっ、違う違う。

 

イーナリンクへ来い!

※このオチ、ドラマ

「グランメゾン東京」

を見てない方はよくわりませんよね…。

スルーしてください。



1 / 73123最後 »